ファンモン、8年ぶりに一夜限定復活 楽天生命パーク宮城で生歌唱 田中将大投手と夢の共演

 2013年6月に人気絶頂のなか東京ドーム公演で解散したFUNKY MONKEY BABYSが、3月11日にTBS系で4時間にわたって生放送される音楽特番『音楽の日』(後7:00〜10:57、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ)で8年ぶりに一夜限定で復活することが明らかになった。楽天生命パーク宮城からの生中継で3曲歌うことが決定。同じく8年ぶりに日本球界&東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰した田中将大投手との夢の共演も実現する。

【写真】その他の写真を見る


 ファンモンの愛称で親しまれたFUNKY MONKEY BABYSは、ファンキー加藤モン吉DJケミカルからなる3人組。07年の大ヒット曲「Lovin’ Life」を皮切りに、「ヒーロー」「あとひとつ」など、胸が熱くなる歌で人気を集めた。

 2011年7月には念願の東京ドーム公演を行う予定だったが、同年3月に発生した東日本大震災の影響を考慮して断念。DJケミカルが実家の寺の住職になるために解散を決めた際には、「東京ドーム公演が観たかった」というファンの後押しで実現した東京ドームで解散した経緯がある。それ以降、それぞれの道を歩んでいたが、番組側からの「東日本大震災という出来事を風化させないよう、音楽の力でこの記憶を次世代につないでいきたい」との想いに共感し、震災から10年を迎えるこの日、楽天生命パーク宮城に再集結することになった。

 ファンキー加藤は「震災から10年。そのタイミングでTBSさんからお声がけいただきました。数ヶ月間熟考したのち出演を決断しました」と経緯を明かし、モン吉は「自分達の曲で誰か1人でも気持ちが楽になってくれたりしたら最高です◎」とメッセージ。解散と同時に芸能界を引退したDJケミカルは「日本の原風景が残っている東北で、一人でも多くの方に元気になってもらえるよう頑張ります!よろしくお願いします」と意気込んでいる。

 一夜限りの復活ライブでは、人気曲「ありがとう」「ちっぽけな勇気」「あとひとつ」の3曲を披露することが決まった。ファンモンは震災から3ヶ月後の6月に岩手県の陸前高田市、山田町、宮古市の3ヶ所でトラックをステージにして復興支援ライブを開催。同年9月、宮城県で東日本大震災復興応援企画としてケツメイシとともにチャリティーライブを開催して以来、10年ぶりに東北の地で熱い歌声を響かせる。

 そして、名曲「あとひとつ」を語るうえで欠かせないのが田中投手だ。ファンモンのシングルでは著名人を起用した“顔ジャケット”が恒例で、14thシングル「あとひとつ」(2010年8月発売)のジャケットとミュージックビデオに東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍していた田中投手が登場し、田中投手は同曲を登場曲とした。

 2013年には、東北楽天が球団創設9年目にして初の日本一をかけた巨人との日本シリーズ第7戦9回表、前日160球を投げた無敗のエース・田中投手がマウンドへ。その時、スタジアムは楽天ファンによる「あとひとつ」の大合唱に包まれ、その歌声に後押しされて日本一となった伝説は今もなお語り継がれている。8年ぶり復活のファンモンと8年ぶり復帰のマー君、『音楽の日』でしか見られない夢の共演が実現する。

■FUNKY MONKEY BABYSメンバーコメント
▽ファンキー加藤
震災から10年。そのタイミングでTBSさんからお声がけいただきました。
数ヶ月間熟考したのち出演を決断しました。被災された方や、全国に今でも僕たち3人の歌を求めてくれる方がいるなら、その想いにしっかり寄り添える音楽を。
3月11日、歌わせていただきます。

▽モン吉
自分達の曲で誰か1人でも気持ちが楽になってくれたりしたら最高です◎
久々に3人が集まれる良い機会をありがとうございます◎

▽DJケミカル
早いもので震災から10年が経ちましたが、今も心の傷が癒えない方がたくさんいらっしゃると思います。
日本の原風景が残っている東北で、一人でも多くの方に元気になってもらえるよう頑張ります!
よろしくお願いします。

関連写真

  • 3月11日4時間生放送のTBS系特番『音楽の日』で一夜限り復活するFUNKY MONKEY BABYS
  • FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary “COMPLETE BEST”【完全生産限定商品】
  • FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary Best “YELL”
  • FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary Best “LOVE”

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索