10-FEET主催の野外フェス『京都大作戦2021』7月に開催決定 4日にわたり実施、“傘”でコロナ対策も

 昨年12月に開催予定日が発表されていた、京都在住の3人組ロックバンド・10-FEETが主催する野外フェスティバル『京都大作戦』が、『京都大作戦2021〜中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)〜』として、7月3、4日、10、11日の4日間にわたって、京都府立山城総合運動公園太陽が丘特設野外ステージで開催されることが8日、正式に発表された。

【写真】その他の写真を見る


 昨年は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、開催中止を余儀なくされたが、今年は感染症対策を実施して安全な開催を目指す。今回、マスクの着用や検温の対応などはもちろんだが、その中でも京都大作戦らしい施策として「オリジナル万能傘」を配布する。来場者全員に配られる万能傘は、日除けや雨天時に使えるほか、傘を使用することによるソーシャル・ディスタンスの確保も狙いとしている。

 現在発表されているラインナップは10-FEET(4日とも出演)のみだが、毎年10-FEETと縁深いアーティストが多数登場している。なお、チケットも8日より第1次オフィシャルHP受付が開始された。

 京都大作戦は、バンド結成10周年を記念して2007年に立ち上げた主催フェスで、初年度は台風の影響により中止に。翌年から回を重ねていき、2017年に開催10回目を迎え、初めて3日間で開催された。そして翌2018年は悪天候のため2日間とも中止となり、2019年はイベントのサブ・タイトルを「倍返しです!喰らいな祭」として初めての4日間での開催を成功させたが、昨年2020年は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、開催中止の判断を余儀なくされた。今年は2度目の倍返し=4日間開催を目指すべく、準備を進めている。

関連写真

  • 10-FEET主催野外フェス『京都大作戦2021〜中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)〜』の開催が決定
  • 10-FEET主催野外フェス『京都大作戦2021〜中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)〜』の開催が決定
  • 10-FEET主催野外フェス『京都大作戦2021〜中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)〜』オリジナル万能傘
  • 10-FEET主催野外フェス『京都大作戦2021〜中止はもう勘弁してくだ祭(マジで)〜』新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索