香取慎吾主演ドラマ主題歌が“匿名”で公開 香取がRTで反応

 香取慎吾主演のテレビ東京系ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』(毎週月曜 後10:00)が25日にスタート。エンディングでは、アーティスト名を明かさないまま主題歌「Anonymous」が流れた。

 香取が5年ぶりに主演するドラマは、SNSでの誹謗中傷による犯罪をテーマにしたオリジナル脚本のサスペンスドラマ。ドラマのタイトルにもなっている『アノニマス』は日本語で“匿名”を意味する言葉で、香取演じる元捜査一課刑事の主人公・万丞渉ら「指殺人対策室」メンバーは、顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し見つけ出す。

 匿名犯罪をテーマにしたドラマとあってか、初回のエンディングで流れた主題歌はアーティスト名が塗りつぶされ、「Anonymous」とだけ表記されていた。ツイッターでは「誰の曲?」歌詞が英語?」「声は慎吾っぽいけど…」など、香取の新曲を期待する声もあがるなか、放送直後には、YouTube、ツイッター、インスタグラムで「Anonymous」(アノニマス)名義の謎のアカウントが一斉に開設され、「Anonymous(Lyrics)」と題したリリックビデオを解禁した。

 これに気づいたファンが誰の楽曲かを確信し、SNSで盛り上がるなか、香取自身もツイッターで「Anonymous」の投稿動画をリツイート。ファンの期待がますます高まりを見せている。

 『アノニマス〜』初回放送は、世帯平均視聴率7.3%を獲得。前作『共演NG』(2020年10月期)の初回6.6%を上回り、ドラマBiz枠立ち上げ(2018年4月)以降、月曜午後10時スタートのドラマの初回としては最高記録を更新した(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 なお、「Anonymous」アカウントでは主題歌のリリックビデオのほかにも、盗撮のような画像や動画を数時間おきに投稿しており、今後の動向も注目される。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索