赤い公園、津野米咲さんを追悼 ベース藤本ひかり「当たり前すぎて言えなかったけど愛してるよ」

赤い公園 左から2番目が津野米咲さん

赤い公園 左から2番目が津野米咲さん

写真ページを見る

 女性ロックバンド・赤い公園が28日、公式サイトで今月18日に亡くなったギタリストの津野米咲(つの・まいさ)さんへのメンバーからの追悼コメントを公開した。

 ボーカルの石野理子は「まだ、とても現実が受け入れられるような心情ではありませんが、今はまいささんが沢山の人から愛されていたんだということを実感する日々が続いています」と心境を明かし、「まいささんの作った音楽はどれも原石みたいで、それをみんなで磨いている時間はとても尊いものでした。これからは私たちなりの美しい形を探していけたらと思います」と追悼した。

 ベースの藤本ひかりは「高校時代から最近まで米咲とは家族以上に同じ時間を過ごしてきました。誰よりも乙女で照れ屋さんで人に優しく道端で倒れている自転車を真っ先に直しに行く女の子でした。米咲と過ごした美しい思い出は一生なくならない宝物です」と切実な胸の内を吐露。「当たり前すぎて言えなかったけど愛してるよ。本当にありがとう。どこまでも先輩だなんて嫌になっちゃうよ。今はどうかどうか安らかに。向こうの世界が禁煙じゃありませんように」と偲んだ。

 ドラムの歌川菜穂も津野さんとの思い出を振り返りながら、「今後のことは、メンバーそれぞれが自分の人生と向き合い、ゆっくりと現実を受け止め、考えていこうと思っています。ひかりさんも理子も私も、鳴らしたい音が、届けたい音楽があります。どんな形になるか分かりませんが、また皆様の前で届けられるように」とコメントした。

 今月19日にバンドの公式サイトが「赤い公園、津野米咲を応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは残念でなりません。赤い公園メンバーの津野米咲が、10月18日に永眠致しました。享年29歳でした」と報告。突然の悲報に「メンバー・スタッフ共に、現実を受け止めきれない状況です」と伝えた。

 赤い公園は2010年1月結成、2012年2月にメジャーデビュー。石野理子(Vo.)、津野米咲さん(Gt.)、藤本ひかり(Ba.)、歌川菜穂(Dr.)の4人組で、津野さんが主に楽曲の作詞・作曲を担当していた。津野さんはバンドでの活動のほか、SMAPのシングル「Joy!!」の作詞作曲や、YUKI、モーニング娘。'16へも楽曲を提供し、多方面で高い評価を得ていた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索