ソニン20周年 恩師つんく♂との17年ぶりタッグに感慨「つんく♂歌唱や法則は根付いている」

女優のソニンが2000年10月18日にEE JUMPのメインボーカルとしてデビューしてからまもなく芸能活動20周年を迎える。「こんなに続けられるとは想像もしていなかった」と語る大きな節目に、本人たっての希望で“恩師”のつんく♂に楽曲提供を依頼し、当時大きな話題を呼んだソロ1stシングル「カレーライスの女」(2002年)のアンサーソング「ずっとそばにいてね。」が完成した。マツコ・デラックスが愛する「最後の1行だけ希望がある歌」の“あれから”を歌うことになったソニンに、つんく♂との17年ぶり再タッグを中心に聞いた。

◆SPEEDに憧...

この記事の画像

  • 10月18日にデビュー20周年を迎えるソニン(C)ORICON NewS inc.
  • 10月14日に「カレーライスの女」続編「ずっとそばにいてね。」をリリースするソニン (C)ORICON NewS inc.
  • 17年ぶりとなるつんく♂とのタッグを懐かしんだソニン (C)ORICON NewS inc.
  • 「カレーライスの女」のアンサーソング、つんく♂提供曲「ずっとそばにいてね。」(10月18日発売)ジャケット写真
  • デビュー記念日に「カレーライスの女」続編「ずっとそばにいてね。」をリリースするソニン

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索