『関ジャム』SP 松本潤がMJウォーク誕生秘話 “松潤メモ”も公開!? 関ジャニは異色3曲セッション

 関ジャニ∞がレギュラー出演するテレビ朝日系音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』が、29日に番組初のゴールデン2時間SP(後8:00〜)として放送される。松本潤をゲストに迎えた「嵐・松本潤を通して見るジャニーズのライブ演出」企画の詳細と、関ジャニ∞が披露するスペシャルメドレーの曲目が公開となった。

 日本の音楽業界をけん引するそうそうたるゲストが毎週登場し、今さら人には聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げる『関ジャム 完全燃SHOW』。今回のテーマは「音楽プロデューサー・ジャニー喜多川氏のスゴさ&ジャニーイズムの真髄」。番組初登場となる松本にロングインタビューを行い、中村正人DREAMS COME TRUE)や大倉忠義(関ジャニ∞)も一緒になって、ジャニーズのライブ演出の裏側を徹底解剖する。

 実はこのライブ演出企画は「あれだけのライブ演出をできるのは世界でも嵐だけ! ドリカムなんかでは追いつけない…というくらい、スゴいことをしている」と絶賛する中村の提案で実現したもの。

 普段から『関ジャム』を見ているという松本は「マニアックな番組だから、すごく好きなんだけど、出る側になるとは思ってなかったから居心地が悪い(笑)」と照れつつも、「前代未聞のライブ演出の手法や苦労、インスパイアされたもの」や「過去に思いついたけど実現しなかった演出」、さらには松本が逆さ吊りで空中を歩く「MJウォーク」の誕生秘話など、テレビ初披露の裏話もふんだんに織り交ぜながら、マニアックな部分まで赤裸々にトーク。「松潤メモ」なるアイデアを書き留めておく秘蔵メモの存在も明らかになる。

 さらに松本は、大倉が手がける関ジャニ∞のライブ演出についても解説。「“ラフな魅力”を意識している。ある意味、それは嵐に対するカウンター」と一目置き、その魅力を細かく分析する。

 このほか、東山紀之KinKi Kids椎名林檎スガシカオ水野良樹いきものがかり)、秦基博らが選んだ「歴代ジャニーズNo.1ソング」も発表。この中から厳選した楽曲を、関ジャニ∞が「一夜限りのスペシャルメドレー」として豪華バンドと特別セッションする。

 その曲目が発表となり、作詞・松本隆×作曲・山下達郎のゴールデンコンビによるKinKi Kidsの「ジェットコースター・ロマンス」と近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」、そして少年隊の「STRIPE BLUE」(作詞・松本隆、作曲・筒美京平)の3曲。関ジャニ∞の村上信五も「たぶんテレビ史上やったことのないメドレー!」と驚く、異色ながらも“ジャニーイズム”あふれるラインナップとなった。

 収録を終えた関ジャニ∞のメンバーは「『ハイティーン・ブギ』の村上さんもキマってましたし、カッコいいメドレーでしたね」(横山裕)、「特に『STRIPE BLUE』では手応えを感じました。めちゃめちゃ敬意を払って、やらせていただきました!」(村上)、「『STRIPE BLUE』で僕は植草克秀さんのイメージで、パフォーマンスさせていただきました。本当に楽しかった!」(丸山隆平)、「新しい僕らの道が見つかりましたね」(安田章大)、「このチームから“新たな少年隊”が生まれました(笑)!」(大倉)と、それぞれ確かな手応えを感じていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索