オタクの世界の最新事情 バーチャルアイドルに魅力を感じるのはなぜ?

 講談社プロデュースのVRアイドルグループ「Hop Step Sing!」が、17日放送のNHK・BS1『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』(毎週日曜 後6:00〜6:45)に登場する。日本人が「当たり前」と思っていた新旧の衣食住に注目し、日本文化のどんなところが世界に受けているのか、日本にいる外国人の目で文化の違いや良さを再発見していく番組。17日放送のテーマは「オタク〜Otaku Culture〜」だ。

【写真】その他の写真を見る


 日本生まれの「オタク」は、この十数年で驚くほど進化している。かつて脚光を浴びたアニメやゲーム、マンガなどの愛好者であるオタクは、あくまで「変わった人びと」というイメージだった。それが今や日本全国総オタク時代。大学生の6割が自分をオタクと認識し、女子高生の8割がオタクに好印象を持っているという。世界的に見ても「Otaku」は今や共通語。いったいこの十数年で何が変わったのか。

 オタクの世界の最新事情の一例として、ヘッドマウントディスプレイを付け、バーチャルアイドルのライブを楽しむ「Otaku」が登場。生身の人間ではなく、2次元のキャラクターであるバーチャルアイドルに魅力を感じるのはなぜか。それほどまでにアツくなれるのか。番組では実際にスタジオでHop Step Sing!のライブを体験してもらい、その秘密を探っていく。

 Hop Step Sing!のメンバーは、虹川仁衣菜(にじかわ・にいな)、椎柴識理(しいしば・しきり)、箕輪みかさ(みのわ・みかさ)の3人。現在、「Steam」等の配信サイトでハイエンドVRミュージッククリップを発売中。常に新しい技術と斬新なアイデアを盛り込んだPVは世界30ヶ国以上で視聴されている。コミックや生配信、イベントへの参加などマルチメディアで活躍中。

関連写真

  • 講談社プロデュースのVRアイドルグループ「Hop Step Sing!」、5月17日放送、NHK・BS1『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』の中で紹介
  • 5月17日放送、NHK・BS1『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』(C)NHK
  • モーションキャプチャー中の日岡さん=5月17日放送、NHK・BS1『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』(C)NHK
  • 5月17日放送、NHK・BS1『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索