志尊淳が楽曲発表「1秒でも10秒でも楽になったら」 叔父の作曲家・宮崎歩氏が協力

 俳優の志尊淳が13日夜、ファンから歌詞を募り制作した楽曲「きぼうのあしおと」を、所属するワタナベエンターテインメントの公式YouTubeチャンネルで公開した。

 楽曲は、志尊の公式インスタグラムにて行れていたインスタライブ『志尊の自粛部屋』から発案され、ファンと一緒に楽曲制作することを発表していたもの。「#志尊と歩む」という企画のもと、歌詞作成のため、ファンに「今の想いを聞かせてほしい」とメッセージを募集し、ファンの気持ちを紡ぎながらつくりあげた。

 新型コロナウイルスの影響により外出自粛が続く中で、自分に出来ることはないかというで、叔父の宮崎歩氏(崎=たつさき)の協力を得て制作に挑んだ。スタジオでの収録はせず、曲作りから映像制作まで、すべて各自の自宅で作業が行われた。

 爽やかな曲調と力強い歌詞が特徴で、「たとえ今が試される時間でも負けない」「会えるその時まで準備しよう 焦らないで 時は来る耳を澄まそう きぼうのあしおと」など、この期間を過ごす人へ歌にのせて気持ちを伝えている。

【志尊淳コメント 】
楽曲「きぼうのあしおと」が完成しました。
僕たちにできることはあるだろうか。。。
叔父である宮崎歩と相談したのが始まりでした。
普段はそれぞれ俳優、アーティストとして活動している僕たちですが、この曲を通して、聴いてくださった方々のお手伝いをさせて頂ければうれしいなという気持ちです。

#志尊と歩む でみなさんが今感じていること、言葉にしたいこと、やりたいことを聞かせて頂きました。その想いを受け取って、歌詞を考えました。素敵な想いをありがとうございました。
スタジオなどは一切使わず、曲作りも映像制作もそれぞれの家で身内だけでやらせて頂きました。
この曲を聴いて皆さんの気持ちが1秒でも10秒でも楽になったらうれしいです。
これからもそれぞれの場所でそれぞれができることを発信していきたいと思っています。

最後に、今も戦ってくださっている方々に感謝を申し上げると共に、早く皆さんと笑い合える日々が来ることを祈っています 。ありがとう ございます。
皆さんでぜひ歌ってくださったらうれしいです。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索