SKY-HI、『自宅ワンマン』ライブ映像の一部公開 3時間で全48曲披露、約1000万円の寄付も明かす

 ラッパーでシンガー・ソングライターのSKY-HIAAA・日高光啓)による『#SKY-HI自宅ワンマン』のライブ映像の一部が10日、YouTube『SKYHICHANNEL』にて公開された。

 GW中の5月6日に行われた『#SKY-HI自宅ワンマン』は、自身のYouTubeチャンネル、ツイッター、インスタグラムで同時生配信された。また同日午後3時〜同4時には、J-WAVE HOLIDAY SPECIAL『#音楽をとめるな STAY HOME FESTIVAL』内でもライブの模様が生放送された。

 ライブは2万人以上に同時視聴され、公演中のツイッターでは「Japanトレンド」で1位を獲得。終演後も「余韻が凄い」「この実行力に惚れる」「力強いパフォーマンスと素敵な言葉をありがとう」と多くの感想が寄せられた。

 スタートした午後2時台は、2018年に発売したアルバム『JAPRISON』を中心に19曲、J-WAVEでも生放送された午後3時台には新旧織り交ぜつつコラボ楽曲も含め15曲、アンコール的な要素となった午後4時台にはファンからのリクエストに応える形で12曲と、3時間で全48曲を披露した。

 ライブは自身の家にある作業スペースから配信され、SKY-HIはパジャマ姿で登場。音源の音出しをしながらキーボードやアコースティックギターを使い、部屋にセットしていた2台のカメラのスイッチング、キャンドルを用いた照明演出を全て1人で行った。

 MCでは、ブルーにライトアップした演出について「新型コロナウイルス感染拡大の中、医療従事者の方に感謝の意味を込めた」と説明。続けて日本国内の親子を支援する『フローレンス』、医療の最前線で活躍している医師、看護師、ボランティアやその子どもたちを支援する『LOVE POCKET FUND』、医療機関の『国立国際医療研究センター』の3ヶ所に計約1000万円を寄付したことを明かした。

 SKY-HIは「みんなが応援してくれたおかげで、ライブに来てくれて、グッズやCDを買ってくれて、ストリーミングをまわしてくれて、YouTubeを観てくれたみんなのおかげで貯められたお金を寄付に使わせてもらったというのをみんなに直接伝えたかった」と語った。また「この状況の中、あらゆる人の仕事と生活を守るために国に働きかけることも大事だと思う」という考えから、J-WAVEの『#音楽をとめるなプロジェクト』のクラウド型投げ銭システム『nugett』で、SKY-HIに集まった支援金は署名活動「Save Our Space」の活動経費のために寄付することも明かした。

関連写真

  • 『#SKY-HI自宅ワンマン』ライブ映像の一部を公開したSKY-HI
  • 『#SKY-HI自宅ワンマン』サムネイル

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索