SKE48松井珠理奈が卒業発表「勇気を振り絞って一歩踏み出したい」

 アイドルグループ・SKE48松井珠理奈(22)が7日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームS公演でグループからの卒業を発表した。2008年7月、11歳で加入したSKE48のエースで最後の1期生となった松井が、12年目で活動に終止符を打つことになった。

 公演終盤にメンバーに呼び込まれて登場した松井は、ソロ曲「あの日交わした約束」を歌い終えると「最後の1期生として見届けていて、みんなどんどん成長していて、センターを任せられる存在がどんどん増えてきて、私は今すごくうれしいです。だから私も勇気を振り絞って、一歩踏み出したいなと思いました」と切り出すと、「というわけで、私、松井珠理奈はSKE48を卒業します」と発表した。

 「え〜」のどよめきと「珠理奈〜」のコールが飛んだが、エースの卒業発表に劇場が静まり返り、松井は「そんなシーンってならないでよ。前向きなことですからね」と話すと、「同期がどんどん辞めていって、自分はいつ卒業するのかなと思っていたんですけど、まだSKEをもっと引っ張りたいとか、後輩の成長を見届けたいと思っていたので、ここまでやってこれたというのがあります」と説明した。

 詳細はきょう7日午後9時30分から動画配信サービスSHOWROOMで話すとしている。

 松井は2008年7月、SKE48の1期生オーディションに合格し、同年10月に劇場公演デビュー。SKE48のCDデビュー前にAKB48の10thシングル「大声ダイヤモンド」(08年10月発売)で最年少11歳で選抜入りし、大きな話題を呼んだ。SKE48でもデビューシングル「強き者よ」(09年8月発売)から「不器用太陽」(14年7月発売)まで15作連続でセンター(Wセンター含む)を務めたグループの顔だった。

 『AKB48選抜総選挙』では第1回から19位→10位→14位→9位→6位→4位→5位→3位→3位と推移し、18年6月に地元のナゴヤドームで開票イベントが行われた第10回で悲願の初Vを達成。同年は海外グループを含めた初の『世界選抜総選挙』として行われ“世界チャンピオン”となったが、直後の7月に体調不良で活動休止。その後は復帰と休養を繰り返し、1月発売の最新シングル「ソーユートコあるよね?」では初めて選抜から外れていた。

関連写真

  • SKE48劇場で卒業を発表した松井珠理奈
  • SKE48卒業を発表した松井珠理奈

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索