1・24『Mステ』は…2年半ぶり大黒摩季、『アナ雪2』クリストフ、SixTONESほか

 24日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後9:00)に、歌手の大黒摩季が約2年半ぶりに出演。「女性ファンが選ぶ大黒摩季の名曲ベスト10」を調査し、人気上位にランクインした楽曲、「熱くなれ」「あなただけ見つめてる」「ら・ら・ら」をメドレーで披露する。

【写真】その他の写真を見る


 たくさんのヒット曲を持ち、その時代を彩る代表曲も数ある大黒。1996年、NHKアトランタオリンピック放送テーマソングとして耳にすることも多かった「熱くなれ」。「『正義が社会を変えられないなら 愛しかないでしょう』という歌詞が、今となっては広い意味となり核心的になりました」と大黒は話す。

 そして、テレビ朝日系のアニメ『SLAM DUNK』の初代エンディングテーマ曲だったのが「あなただけ見つめてる」。大黒はコミックを全巻読み終わる前にこの曲を書き下ろしてしまったそうで、読み終えた後に「その内容の深さと感動で、痛い女子の根性LOVE話の歌詞にしてしまったことを申し訳なく思ったことを思い出します」と当時を振り返った。

 スペシャルメドレーに加え、94年の大ヒット曲「夏が来る」、そして沢口靖子主演ドラマ『科捜研の女』(同局系)の主題歌「My Will 〜 世界は変えられなくても 〜」も披露。「夏が来る」が生まれた当時は、現在の天皇皇后両陛下ご成婚の頃で、世の中の女性誌のほとんどが“ブライダル特集”を組んでいたそう。親戚が集まるたびに「彼氏はいないのか」「結婚はしないのか」と詮索されていた大黒が「私の自由の味方であり、大好きだった祖父母までが心配し始めたので、逆ギレのように一気に歌詞を書き上げました」と制作秘話を明かした。

 大ヒット楽曲の裏に隠されたさまざまなエピソード。90年代に一時代を築き、今なおさらに進化する大黒が、ドンピシャ“大黒摩季世代”の女性たちの選んだ楽曲を2020年の『Mステ』で歌唱する。

 また、大ヒット中のディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王2』でクリストフ役の日本版声優を務める原慎一郎が初登場。劇中歌「恋の迷い子」を披露する。

 原がこの楽曲をテレビで歌唱するのは、今回が初めて。『アナと雪の女王2』で「めちゃくちゃいい男」と評判の純朴な男・クリストフが、アナを思う気持ちを歌った「恋の迷い子」は映画の大ヒットとともに絶賛のとなっている。原は今回の初出演にあたり、「テレビで歌うこと自体初めてで、しかもそれが生放送のミュージックステーションということで、とても緊張しています! 金曜日に近づくに連れ、プレッシャーも感じつつ、ワクワクとドキドキが交互に迫ってくる感じです! 本番では楽しく歌いたいと思います!」と意気込みを語った。

 さらに、X JAPANYOSHIKIが作詞作曲を手がけた楽曲「Imitation Rain」でデビューを果たしたSixTONESが出演。今回の『Mステ』では、雨を使った特別演出で、22日に発売されたばかりのデビュー曲「Imitation Rain」をパフォーマンスする。

 SixTONESのデビューを記念し、VTR企画では「大物アーティストが提供したアイドルソング」を特集。松田聖子工藤静香広末涼子、嵐らが大物アーティストから提供された曲の数々を、大物アーティストの貴重なセルフカバー映像も交えて紹介する。

■出演アーティスト「歌唱曲」(50音順)
大黒摩季:「夏が来る」「My Will 〜 世界は変えられなくても 〜」「SPメドレー」
THE RAMPAGE:「FULLMETAL TRIGGER」
SixTONES:「Imitation Rain」
TOMORROW X TOGETHER:「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away)」 [Japanese Ver.]
原慎一郎:「恋の迷い子」
山本彩:「イチリンソウ」

関連写真

  • 1月24日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に大黒摩季が出演。「女性ファンが選ぶ大黒摩季の名曲ベスト10」ランキング上位曲を披露する
  • 『アナと雪の女王2』のクリストフ役日本語版声優・原慎一郎が初登場。アナへの気持ちを歌った劇中歌「恋の迷い子」をテレビ初歌唱
  • 1月24日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に『アナと雪の女王2』のクリストフ役日本語版声優・原慎一郎が初登場。アナへの気持ちを歌った劇中歌「恋の迷い子」をテレビ初歌唱
  • 1月24日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に『アナと雪の女王2』のクリストフ役日本語版声優・原慎一郎が初登場。アナへの気持ちを歌った劇中歌「恋の迷い子」をテレビ初歌唱

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索