ヒゲダン、19日米子&21日倉敷の公演延期を発表 ドラム松浦がインフルエンザ発症 来月に振替公演

 4人組バンド・Official髭男dism(=ヒゲダン)が、19日に米子市公会堂、21日に倉敷市民会館で予定していた全国ホールツアー『Official髭男dism Tour 19/20 -Hall Travelers-』の公演延期を発表した。ドラム・松浦匡希がインフルエンザ発症したため。

 公式サイトで同日の公演について「Drs:松浦匡希がインフルエンザを発症したため、医師の診断のもと、メンバー、スタッフにて協議検討した結果、公演を延期させて頂く事になりました」と報告した。「公演を楽しみにされていたお客様には、ご迷惑をお掛けします事を深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、振替公演の日程も合わせて公開。米子市公会堂での公演は2月22日に、倉敷市民会館の公演は2月21日に行う。チケットは、そのまま有効で「無くさない様に大切にお持ちください」と呼びかけた。チケットの払い戻しにも応じる。

 ボーカルの藤原聡はツイッターを更新し「直前に本当に申し訳ありません。チーム全員、悔しさと不甲斐なさでいっぱいです」と謝罪。続けて「来月、ベストコンディションで、最高のライブを持ってリベンジしに帰って来ることをここに誓います」と約束した。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索