『ヒプノシスマイク』、アルバムがシリーズ2作目の1位【オリコンランキング】

 『ヒプノシスマイク』のシリーズ最新アルバム『Bad Ass Temple Funky Sounds』が、初週売上9.9万枚で、12/9付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。2018/11/26付の『MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼』以来、シリーズ2作目の1位となった。

 『ヒプノシスマイク』は、男性声優18人による“音楽原作キャラクターラッププロジェクト”。イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュク・オオサカ・ナゴヤの6ディビジョン(区画)を拠点とするチーム「Buster Bros!!!」、「MADTRIGGER CREW」、「Fling Posse」、「麻天狼」、「どついたれ本舗」、「Bad Ass Temple」が、ラップバトルでお互いの領土を争っていく物語。

 本作は、ナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」による1st CDアルバムで、名古屋在住のHIP HOPグループ・nobodyknows+がプロデュースを手がけたチーム曲「Bad Ass Temple Funky Sounds」や、Diggy-MO’が楽曲提供した「そうぎゃらんBAM」などのソロ楽曲含め、全5トラックが収録。

 なお、2020年3月28日と29日には、埼玉・メットライフドームで『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-5th LIVE@サイタマ《SIX SHOTS TO THE DOME》』が開催される。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索