嵐、初のデジタルシングル「Turning Up」が初日首位 早くも大反響

 人気グループ・の初となるデジタルシングル「Turning Up」が、2.8万DLを記録し、11/4付オリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキングで首位を獲得した。嵐は11月3日より「Turning Up」とこれまでに発売した全シングル表題曲64曲を含めた全65曲のダウンロード/サブスクリプション型(定額制)ストリーミング配信をスタートさせている。

 嵐は、デビュー20周年記念日を迎えた11月3日に都内で記者会見を行い、その模様を10月9日に開設されたYouTubeの嵐公式チャンネルでも配信。SNSを一斉解禁し、初のインスタライブも実施した。24時間が経過した4日午前11時現在のフォロワーは、インスタグラムが172万人、ツイッターが145万人を超えるなど、驚異的な早さでフォロワーを獲得している。

 記者会見では、メンバーの松本潤が音楽配信に踏み切った理由を2つ挙げ、「1つはファンの皆さんにいつでも自分たちの音楽を楽しんでいただきたいという思い。そうすることで(2020年12月31日をもって)活動休止している間も寂しい思いをせずに楽しんでいただきたい。2つ目は全世界で音楽を楽しんでもらえる環境になるということは、先日亡くなったジャニーさんの夢でもありました。自分たちのエンターテインメントを世界中の皆さんに届けることができる」と説明していた。

 なお、11月末に竣工する東京・国立競技場で単独アーティスト初となるコンサートを来年5月15・16日に行う。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索