欅坂46、初東京ドームで2日間10万人熱狂 1年9ヶ月ぶり「不協和音」“封印”解く

アイドルグループ・欅坂46が19日、夏の全国アリーナツアーの追加公演として自身初となる東京ドーム公演を開催し、前日とあわせて10万人を熱狂させた。右ひじ負傷のため8月16日からのツアー出演を見合わせていた(一部出演あり)絶対的センターの平手友梨奈が完全復帰。2017年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で歌唱後に過呼吸のような症状で倒れてからは一度も披露してこなかった、ファンの間では“魔曲”とも呼ばれている「不協和音」の封印を1年9ヶ月ぶりに解き、会場は興奮のるつぼと化した。

2016年4月6日のメジャーデビューから3年5ヶ月での東京ドーム公演は、乃木坂46の5年8ヶ月(2017年11月7〜8日)、AKB48の6年半(14年8月18〜20...

この記事の画像

  • 平手友梨奈が復帰し初の東京ドーム公演を行った欅坂46 Photo by 上山陽介
  • 「不協和音」を1年9ヶ月ぶりに“解禁” (C)ORICON NewS inc.
  • 千秋楽ラストナンバーで平手友梨奈がソロ曲「角を曲がる」を初披露 (C)ORICON NewS inc.
  • 欅坂46『夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム』より Photo by 上山陽介
  • オープニングは平手友梨奈がソロでダンス=欅坂46『夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム』より Photo by 上山陽介
  • 平手友梨奈=欅坂46『夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム』より Photo by 上山陽介
  • 渡邉理佐=欅坂46『夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム』より Photo by 上山陽介

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索