山下達郎×木村拓哉 16年ぶりタッグ 次期日曜劇場に主題歌「RECIPE」提供

 シンガー・ソングライターの山下達郎が、木村拓哉が主演を務める10月20日スタートのTBS系日曜劇場『グランメゾン東京』(毎週日曜 後9:00)の主題歌として、新曲「RECIPE(レシピ)」を書き下ろしたことが明らかになった。

 木村は令和初のドラマで演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまう。どん底まで転落した尾花が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

 山下はこのドラマの世界観とマッチする「RECIPE」と題したメロウなリズムの“大人のラブソング”を書き下ろし。木村主演のドラマの主題歌を担当するのは2003年の日曜劇場『GOOD LUCK!!』に提供した「RIDE ON TIME」以来、16年ぶり2度目。奇しくも同じ枠でのタッグとなる。

 主題歌を打診したプロデュースの伊與田英徳氏は「出来上がった曲は、私の想像力を掻き立ててくれて、味覚を刺激してくれながら、温かい気持ちにもなります。タイトル『RECIPE』にも表されているように、人は人生の中で“選択肢”に出会ったとき、色々な“調理法”を選んでいく。料理の世界を描く本ドラマの世界観に最高にマッチしていて、皆様にも早く聞いていただきたい気持ちでいっぱいです」とコメント。

 山下は「日曜劇場は8年ぶり、木村拓哉くんとは16年ぶりにご一緒させていただきます。想い出に残る素敵なドラマとなりますように。私の曲と歌でお手伝いができますように。楽しみにしております」と放送を心待ちにしている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索