アンジュルム船木結、声帯結節で手術 ハロプロライブはダンスのみで参加

 アイドルグループ・アンジュルム船木結が10日、グループ公式ブログを更新し、「声帯結節」で手術を受けたことを明かした。無事に手術は終了したがしばらくは喉を使うことが制限されるため、13日からスタートするハロー!プロジェクトのライブはダンスのみで参加となる。

 船木は「裏声を出す時に息が抜けるような感覚になり上手く歌えない事が多かった中でここ一年間は特に喉の調子が悪く普通の会話でさえも声がかすれて出せない」とこれまでの症状を説明。「ライブやイベント、レコーディング、ラジオなどお仕事に支障が出てきたので今後の事も考え手術を決意致しました」と経緯を明かした。

 歌唱の復帰については「経過を見つつとなってしまいますが少しでも早く歌えるように安静を保ちたいと思います」とし、「クリスタルボイスになっている可能性も無くはない(?)と思いますので、、、 しばらくの間待っていて下さると嬉しいです」とファンに呼びかけた。

 船木は2015年11月にカントリー・ガールズに加入。17年6月にアンジュルムへ移籍し、カントリー・ガールズと兼任となった。

オリコントピックス

メニューを閉じる