【THE MUSIC DAY】日向坂46、坂道コラボに意欲「できたら本当に夢かなっちゃう」

 アイドルグループ・日向坂46が、きょう6日の午後1時30から午後10時54分まで約9時間半にわたって千葉・幕張メッセより生放送される日本テレビ系夏の大型音楽特番『THE MUSIC DAY〜時代〜』に初出演を果たす。センターの小坂菜緒は「一番注目されるポジションだと思うので日向坂のイメージを崩さないように、テレビの前のたくさんの方々にハッピーオーラや笑顔を届けられるよう、精一杯頑張ります」と意気込んだ。

 同番組といえば、アーティスト同士のコラボレーションや豪華なメドレーが毎年話題に。佐々木久美は「坂道の先輩である乃木坂46や欅坂46といつかコラボできるくらい実力をつけたい」と憧れ。「個人的に言えば、乃木坂さんの『シンクロニシティ』がすごく好き。欅坂さんは『サイレントマジョリティー』がすごく好きなので歌ってみたい。できたら本当に夢かなっちゃう」と夢を膨らませた。

 欅坂46は、山梨のライブ会場から中継となるが、加藤史帆は「今朝、守屋茜さんと連絡をしていたんですけど、『きょう、THE MUSIC DAYだよね、頑張ってね』という応援のメッセージをいただきました。なので、頑張れます」とうれしそうに明かした。

 今回は最新曲「ドレミソラシド」を披露するが、本番を前にちょっぴり緊張気味のメンバー。いつも、大舞台の前にはメンバー同士の背中を叩きあう“気合注入”をしているそうで、一番力が強いメンバーとして佐々木と加藤の名前が挙がったが、佐々木は「みんなやられたくないって言います…」としょんぼり。加藤は「親戚のおばさんに『危険だから辞めなさい』って釘を刺されています」と笑わせた。

 あす、7日は七夕だが“叶えたい願い事”について加藤は「いろんなイベントや番組出演をさせていただけるのが本当にうれしくて。私たち日向坂46はデビューしてまだ間もなく、知名度も低いのでこの夏でもっと倍の倍の倍くらい応援してくださる方が増えるといいな」と掲げていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる