ラストアイドル、神宮外苑花火大会で新曲初披露 自身最大規模の握手会も決定

 テレビ朝日のオーディションバラエティー番組『ラストアイドル』(毎週土曜 深0:10)から誕生したアイドルグループ「ラストアイドル」が、通算7枚目のシングル(タイトル未定)の表題曲を8月10日に東京・明治神宮外苑で行われる神宮外苑花火大会で初披露することが決定した。

 新曲の振付は、“バブリーダンス”で一躍注目を浴びた大阪府立登美丘高校ダンス部のコーチ、akane氏が担当。現在、番組では「史上最高難度のダンスパフォーマンス」を目指し、メンバーが練習に励んでいる。なお、発売日は「制作上の理由」とし、当初発表されていた8月28日→9月11日に2週間延期となった。

 シングルの発売を記念し、WEB盤の購入者イベントが開催されることも明らかになった。これまでは関東と関西の2会場のみだったが、今回は名古屋での開催も決定。9月29日に千葉・幕張メッセ、10月6日に神奈川・パシフィコ横浜、11月4日に愛知・Aichi Sky Expo、12月8日に大阪・ATCホールと史上最大規模で行われる。初の試みとして「2ショットセルフィー握手会」を開催することも発表された。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索