AI、100人と「ハピネス」大合唱 『SONGS OF TOKYO』第3回ゲスト

 国際放送のNHKワールドJAPANで17日に放送予定の『SONGS OF TOKYO』(総合テレビでは8月17日深夜放送)に、今年11月に20周年イヤーを迎える歌手のAIが出演。世界へ向けて、自身の代表曲「ハピネス」の大合唱と英語版「Story」を披露する。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックで日本に注目が集まるのを機に、日本の文化・音楽を世界に発信すべく、2017年、18年に放送された音楽特番『SONGS OF TOKYO』がレギュラー化。AIは3回目のゲストとなる。

 抜群の歌唱力と、歌詞に込められた力強いメッセージが魅力のAI。彼女の言葉は聴く人を癒やし、勇気づけてきた。歌手になりたくて、鹿児島を15歳で飛び出し、アメリカで試行錯誤しながら音楽修行を続けた日々。共感を呼ぶ歌詞が生まれた波乱万丈の半生に、番組ホストの村上信五が迫る。

 見どころは、AIの歌を愛する世界中のファン100人と共に大合唱する「 ハピネス」。歌い終わった直後、スタジオは感動の大拍手に包まれた。そしてディズニー・アニメーション映画『ベイマックス』の日本版エンドソングとして話題となった「Story」の英語バージョン、「IT S GONNA BE ALRIGHT」と、5月に発売された新曲「Summer Magic」も歌唱する。

■放送情報
NHKワールドJAPAN:6月17日 前0:10〜0:38、前6:10〜、後0:30〜、後6:30〜※放送同時ストリーミングでも視聴可能
総合テレビ:8月17日深0:05(=18日 前0:05)〜0:33

オリコントピックス

メニューを閉じる