松山千春、急性喉頭炎悪化できょう11日のコンサート中止

 歌手の松山千春(63)が急性喉頭炎悪化により、きょう11日に予定していた大阪・グランキューブ大阪メインホールでのコンサートを中止することを所属レコード会社が発表した。

 松山は前日にも大阪公演を行っていたが、急性喉頭炎の悪化の症状がみられ、プロダクション並びに主催者の判断で本日の公演の中止が決定した。チケットの払い戻しについては、翌12日から公式サイトで発表される。

 なお、松山は今月6日の福島・いわき公演も「風邪の悪化による体調不良」のため、中止していた。同ツアーは4月からはじまり、17・18日に名古屋国際会議場 センチュリーホール公演、26・27日に札幌市民ホール公演を残している。

オリコントピックス

メニューを閉じる