TAKAHIRO感激 ACE OF SPADESライブでTERU&TAKUROと夢の共演

 EXILEのTAKAHIROがボーカル、GLAYHISASHI(G)がリーダーを務める4人組ロックバンド・ACE OF SPADESが23日、北海道・Zepp Sapporoで初の全国ツアー『ACE OF SPADES 1st. TOUR 2019 “4REAL”』(5都市7公演)の最終公演を行い、アンコールでサプライズゲストとして登場したGLAYのTERU(Vo)、TAKURO(G)との豪華共演で観客2000人を大興奮させた。

 ACE OF SPADESはTAKAHIRO、HISASHI、TOKIE(LOSALIOS/unkie)、MOTOKATSU(THE MAD CAPSULE MARKETS)からなる4人組。2012年8月のデビューから6年半の時を経て、今年2月に1stアルバム『4REAL』をリリースし、2月26日からスタートさせた初の全国ツアーのファイナルに、HISASHIのアイデアでTERUとTAKUROをゲストに迎えた。

 ACE OF SPADESとしてTERU&TAKUROと共演するのは今回が初。2005年に期間限定で結成されたGLAY×EXILEの楽曲「SCREAM」、EXILEの「Rising Sun」、GLAYの「グロリアス」の3曲をセッションした。なかでもTERUの「Rising Sun」初歌唱では会場が興奮のるつぼと化し、TAKAHIROも大感激していた。

 なお、本ツアーには各地でサプライズゲストが登場。3月12日の東京・Zepp DiverCity公演ではINORANLUNA SEA)、20日の大阪・Zepp Osaka Bayside公演には登坂広臣三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が出演した。

関連写真

  • ACE OF SPADESのツアーファイナルにGLAYのTAKURO(左から2人目)とTERU(右)が登場
  • 夢の共演に右手を掲げるTAKAHIRO
  • 初のツアー最終公演を迎えたACE OF SPADES

オリコントピックス

メニューを閉じる