NGT48山口真帆への暴行事件 AKSが第三者委員会「調査結果」説明へ

 AKSは20日、NGT48のメンバー山口真帆(23)に対する暴行被疑事件に関する第三者委員会による調査結果がまとまったとし、内容や今後の対応などを3月22日に新潟市内で説明することを報告した。

 書面では「この度、当社が運営するNGT48 に関する一連の騒動に関しまして、多方面にご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、あらためまして心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 続けて「先の2月1日にその設置をお知らせしました、平成30年12月8日に新潟市内において発生したNGT48 のメンバー山口真帆氏に対する暴行被疑事件に関する第三者委員会による調査結果がまとまり、委員会から当社は報告書を受け取りました」と伝え「つきましては、第三者委員会による調査結果の内容や今後の対応などをご説明する場を設けさせていただきます」とした。

 NGT48を巡っては、山口が昨年12月、自宅に押しかけた男性2人から暴行を受けたことやメンバーの関与、運営側の不対応を1月8日夜〜9日早朝にかけて動画配信やSNSで告白。1月10日に新潟市内のNGT48劇場で行われた3周年記念公演では、被害者の山口が騒動を謝罪して波紋を広げた。

 1月14日にはNGT48を運営するAKSの運営責任者で取締役・松村匠氏、劇場新支配人・早川麻依子氏、新副支配人・岡田剛氏が、都内で報道陣の取材に対応し、一連の騒動に対して謝罪。その後NGTは、AKB48大握手会の不参加やチームNIII公演が中止になるどしていた。

 2月1日には、今回の事件について、第三者委員会を設置することを発表。3人の弁護士を委員にしたことを伝え、調査等の期間については「1ヶ月半を目処としております」と公表。調査終了後は「速やかに、第三者委員会から当社取締役会へ報告を受けることになっており、当社から改めて皆様へご報告させて頂く予定です」としていた。

関連写真

  • (左から)『AKS』の運営責任者で取締役・松村匠氏、劇場新支配人・早川麻衣子氏、新副支配人・岡田剛氏(C)ORICON NewS inc.
  • NGT48(C)AKS

オリコントピックス

メニューを閉じる