カレッジ・コスモス、山木梨沙が“2度目”のメジャーデビューに喜び

 昨年10月に結成された現役女子大生アイドルグループのカレッジ・コスモスが6日、都内で1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブを開催。カントリー・ガールズとしても活動し、慶応大学3年の山木梨沙はこの日“2度目”のメジャーデビューを果たし、喜びをかみしめていた。

【写真】その他の写真を見る


 同グループは、主要大学のミスコンファイナリストを中心にスペースクラフトグループがプロデュースする「キャンパスクイーン」の選抜メンバーに、モーニング娘。など多くのアイドルを輩出してきたアップフロントグループから山木が加わった共同プロジェクトで、現在24人で構成されている。

 “現役”の女子大生であることから、通常は大学卒業でグループも卒業となるが、現在の4年生に関しては、デビューが昨年の10月であったことを考慮して、今年の秋まではグループに所属できる特別ルールが設けられている。

 ライブ後の囲み取材には、選抜メンバーの山木、松井まり(中央大学4年)、秋月香七(慶応大学2年)、舩田美子(青山学院大学4年)、對馬桜花(立教大学2年)の5人が参加。山木は「カントリー・ガールズのときは2度とメジャーデビューなんてないと思っていた」とし「カントリー・ガールズは3月25日がメジャーデビューで、3月6日も大切な日になったので、これから毎年お祝いするのがすごく楽しみです」と笑顔で話した。

 ミニライブについては「お客さんのことを見ていると、涙を流しながら見てくださっている方もいて、本当に愛をすでにいただいてるんだなと思ってうれしくなりました」と喜んだ。松井は「来ていただけるか、不安が一番だった」とライブ前の心境を振り返り「踊っているときに、目があって、手拍子をしてくださった方もいて、すごい温かい気持ちになって踊ることができました」とデビューの喜びを噛みしめていた。

関連写真

  • 1stシングル発売記念ミニライブを行ったカレッジ・コスモス(左から)對馬桜花、舩田美子、山木梨沙、松井まり、秋月香七 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 1stシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」の発売記念ミニライブの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索