乃木坂46川後陽菜が卒業「アイドルになれて幸せでした」

 乃木坂46川後陽菜(20)が20日、東京・武蔵野の森 総合スポーツプラザで行われた『アンダーライブ全国ツアー2018 〜関東シリーズ〜』で卒業した。13歳で加入し、7年4ヶ月。時折こみ上げる涙に声を震わせながらも「本当に大切なものがたくさんできました。かけがえのない仲間ができました。乃木坂46に入れて、アイドルになれて、幸せでした」と会場を川後カラーの赤に染め上げた1万人のファンに感謝した。

【写真】その他の写真を見る


 乃木坂46はシングルごとに選抜メンバー決め、選抜されなかったメンバーは「アンダー」として独自の活動を展開する。選抜メンバーはいなくとも、前日とあわせて2日間で計2万席は即完売。2014年4月の初公演からすべてのアンダーライブに出演している川後は自己紹介で「ラストライブ、皆さん一緒楽しんでくれますかー?」と声を張り上げ、観客も大声援で呼応する一方、メンバーはしんみりした。

 2期生の伊藤かりんは「バレてたかわからないけど、私、1曲目から既に泣いちゃいまして。ポジションが近かったり歌割りが一緒とかが多すぎて、めっちゃ盛り上がる曲とかで謎の号泣をしている可能性がある」と告白。3期生の向井葉月は「狼に口笛を」の歌い出しで出遅れてしまう自分のために、川後が手で合図してくれていたことを明かし、「これから見れなくなると思うと寂しい」としょんぼり。川後は「リハーサルのときから泣いてくれてて、なんで『狼』で?と思ったけど、そういうことだったのね」と納得していた。

 アンコールで会場が川後カラーの赤一色に染まるなか、最新22枚目シングル「帰り道は遠回りしたくなる」などを披露。そして、最後のあいさつでは「言葉足らずになるのは怖いので」と書いてきた手紙を広げた。

 「乃木坂46に入って7年と4ヶ月が経ちました。たくさんの思い出がありますが、私を成長させてくれたのは、このアンダーライブです。私は1回目のアンダーライブから今日まで、すべての公演に出演してきました。自分に誇れることがあるとしたら、乃木坂のメンバーで一番ライブをやってきたということです。始まった当初からは想像もつかない、こんなにすてきな景色を見られて悔いはありません」

 「応援し、支えてくれたファンの皆さんが、今日まで私をアイドルにしてくれました。私の夢はいつも、ファンの方と一緒にかなえてきました。数いるアイドルの中から乃木坂46と川後陽菜を見つけてくれて本当にありがとうございます。私がここまでこれたのは、最初は反対してたけど、ずっとサポートしてくれた家族のみんな、友達、スタッフの皆さん、ずっと一緒に闘ってきたメンバーのみんな、そしてファンの皆さん、今までかかわってくださったすべての方のおかげです。たくさんの愛をありがとうございました」

 感謝の想いを伝えた川後は「最後に私の大好きな曲を皆さんと歌いたいなと思います」と切り出し、ラストナンバーの「ハルジオンの咲く頃」へ。あだ名をつけるのが得意だった川後が「聖母」の愛称をつけた深川麻衣の卒業シングルを歌い始めると、スタンドの観客は白、アリーナの観客は黄色のペンライトで大きなハルジオンの花を咲かせ、川後の門出を祝福。同期の和田まあやは間奏で「卒業おめでとう。本当に出会えてよかったです。大好きだよ」と泣きながら伝えて抱き合った。

 同公演でセンターを務めた2期生の北野日奈子から「川後さんの未来が輝かしいものであるように、本当に願っています。私たちもこれからも一生懸命頑張って、一人ひとり輝いていけるように頑張ります。川後さん、応援していてください」と声をかけられた川後は「応援してるよ!」とエールを送り、真っ赤に染まった会場に向かって「7年間、私を幸せにしてくれて、輝かせてくれて本当にありがとうございました」と深々と一礼した。卒業後の活動は今のところ未定という。

 本公演にはほかに、伊藤純奈岩本蓮加久保史緒里阪口珠美佐々木琴子鈴木絢音寺田蘭世中田花奈中村麗乃樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈吉田綾乃クリスティー渡辺みり愛が出演。今年最後となる乃木坂46のライブを熱く締めくくった。

■『アンダーライブ全国ツアー2018 〜関東シリーズ〜』2日目セットリスト

Overture
01. 初恋の人を今でも
02. あの日僕は咄嗟に嘘をついた
03. 転がった鐘を鳴らせ
04. My rule
05. ブランコ
06. 自由の彼方
07. 遠回りの愛情
08. 私のために 誰かのために
09. 傾斜する
10. 君は僕と会わない方がよかったのかな
11. 満月が消えた
12. 君に贈る花がない
13. 誰よりそばにいたい
14. 自惚れビーチ
15. シークレットグラフィティー
16. 左胸の勇気
17. 13日の金曜日
18. 狼に口笛を
19. アンダー
20. (北野日奈子ソロダンス)
21. 嫉妬の権利
22. 制服のマネキン
23. インフルエンサー
24. ここにいる理由
25. 日常
【アンコール】
26. 帰り道は遠回りしたくなる
27. 孤独な青空
28. サイコキネシスの可能性
29. 乃木坂の詩
30. ハルジオンが咲く頃

関連写真

  • 乃木坂46の川後陽菜が手紙で感謝を伝えて卒業
  • 1期生4人が涙ながらに「ハルジオンが咲く頃」を歌唱(左から中田花奈、和田まあや、川後陽菜、樋口日奈)
  • 気迫のこもったソロダンスを披露したセンターの北野日奈子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子
  • 乃木坂46『アンダーライブ2018〜関東シリーズ〜』ライブの様子

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索