アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 斉藤和義『家売るオンナ』続編の主題歌に決定 北川景子「心に響く楽曲」

斉藤和義『家売るオンナ』続編の主題歌に決定 北川景子「心に響く楽曲」

 シンガーソングライターの斉藤和義が、来年1月9日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナの逆襲』(毎週水曜 後10:00)の主題歌を担当することがわかった。2017年7月にテレビ東京系『居酒屋ふじ』の「I’m a Dreamer」以来1年6ヶ月ぶりとなるドラマ主題歌「アレ」を書き下ろし。斉藤といえば2011年10月に同系列で放送された『家政婦のミタ』主題歌「やさしくなりたい」が大ヒットした。今回は「踊れるコメディーも、考えさせられるシリアスも、どちらの要素もあるドラマだと思ったので、そんな曲にしたいと思いました」とコメントを寄せている。

【写真】その他の写真を見る


 2016年夏に連ドラ、2017年5月にSPドラマとして放送された『家売るオンナ』の続編となる同作は、北川景子演じる天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の問題を解決しながら華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。前作は台湾、シンガポールやタイなどでも放送され、中国ではリメイクが決定し、すでに制作が始動するなどアジア圏での人気が高い作品となっている。

 今回は新たに万智の最強のライバル役として、松田翔太が加わるほか、屋代(仲村トオル)、庭野(工藤阿須加)、足立(千葉雄大)、白洲(イモトアヤコ)、布施(梶原善)、八戸(鈴木裕樹)、宅間(本多力)、鍵村(草川拓弥)、こころ(臼田あさ美)らおなじみメンバーも前作に引き続き出演する。

 主題歌について北川は「斉藤和義さんが主題歌を担当してくださると聞き、とてもうれしかったです。世の中は不条理で、頑張っても報われることばかりではないけれど、それでも生きていくのが人間だ。うまくいくことばかりではないのが人生だ。という、ドラマのテーマにぴったりな歌詞に感動しました。心に響く楽曲でした」と揺さぶられたよう。「ドラマの世界観に合った楽曲を作ってくださり、さらに家売るオンナの逆襲が盛り上がること間違いなしです。楽しみにしていてください」と絶賛した。

 小田玲奈プロデューサーは「屋代課長や庭野、家を買いに来る客たち、三軒家万智のまわりの人々の気持ちを代弁しているような、窮屈さを感じながら生きるすべての人に共感できそうな曲です」と手応え。「タイトル『アレ』が指すもの、人によって感じ方は違うと思いますが、自分らしさとか、こだわりとか、ゆずれない生き様とか…『アレ』ということで、なんだか優しい、なんだかおかしい、そして、より強いものに感じられました。格好良くて面白い主題歌も完成して『家売るオンナ』パワーアップしてお送りします!」とさらなる進化を約束した。



関連写真

  • 斉藤和義が日本テレビ系1月期水曜ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌担当 (C)日本テレビ
  • 1月期水曜ドラマ『家売るオンナの逆襲』ポスタービジュアル(C)日本テレビ

オリコントピックス