DEAN FUJIOKA、野村周平主演『僕キミ』主題歌を書き下ろし

 DEAN FUJIOKAの新曲「Maybe Tomorrow」が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(2019年1月19日スタート、毎週土曜 後11:15)の主題歌に決定したことが発表された。

 今回のドラマのために書き下ろされた楽曲。ドラマで描かれる20歳までしか生きられないと宣告された青年と、その運命に一緒に立ち向かった女の子の、切なくも命の輝きを放つ物語の世界観が表現されている。死に向き合いながらも力強く生きていく意思をイメージしたスイングのリズムや人生の意外性と可能性をテーマにした主題歌となっている。楽曲は来年1月30日にリリースされるニューアルバム『History In The Making』にも収録される。

 前作『Cycle』から約3年ぶりとなるニューアルバムの収録曲は全15曲。テレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』OPテーマとなった「History Maker」をはじめ、「Permanent Vacation」(映画『結婚』主題歌)、「Unchained Melody」(テレビ朝日『サタデーステーション』『サンデーステーション』」エンディングテーマ)、「Let it snow!」(日本テレビのドラマ『今からあなたを脅迫します』主題歌)、「Speechless」(CANON EOS M6 ASIA AREA CM SONG)、「Echo」(フジテレビのドラマ『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』主題歌)といった、タイアップ楽曲が満載されている。

 なお、アルバムリリースを受け、2月からは香港・台湾単独公演を含む初のアジアツアー『DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019”Born To Make History”』が開催される。

■DEAN FUJIOKAのコメント
 二十歳までしか生きられないと言われた青年と、その運命に一緒に立ち向かった女の子。そんな、切なくも命の輝きを放つ物語の主題歌として”Maybe Tomorrow”を書き下ろしました。力強く生きていく意思をイメージしたスイングのリズムに、夢の中の世界か現実の未来か、もしくは死後の世界か?その境目が分からなくなるようなユーフォリックなトラック。「明日になったら、もしかしたら???」という、人生の意外性と可能性をテーマ にした楽曲です。ドラマ本編とこの楽曲の世界観が掛け合わさり、より大きな感動を生み出すことが出来ればうれしいです。

オリコントピックス

メニューを閉じる