アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • AKB48、憧れの“ダンス”メンバーは?「ゆきりんさんは魅せ方が上手」

AKB48、憧れの“ダンス”メンバーは?「ゆきりんさんは魅せ方が上手」

 人気グループ・AKB48が28日、午後7時から午後9時54分まで約3時間にわたって千葉・幕張メッセより生放送される日本テレビ系音楽特番『Best Artist2018』に出演した。本番を終え、メンバーの倉野尾成美高橋朱里小栗有以向井地美音岡部麟が囲み取材に参加した。

 今回、AKB48はきょう発売された54thシングル「NO WAY MAN」を披露。同楽曲は本来、日韓12人組のガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)専任となった宮脇咲良がセンター、両脇を矢吹奈子本田仁美が固めており、番組内では岡田奈々、向井地、小栗がフロントを務めた。“最高難度”というダンスを新衣装で踊りきった小栗は「踊りながら先輩や他のメンバーが頑張っているのがわかるので私も頑張らなきゃって思いました」と刺激を受けたそうで、向井地は「AKBもダンスを踊れるぞというところを少しでもみせられるように頑張りました」と達成感をにじませた。

 歴代屈指のダンス曲にメンバーも「膝があざだらけ」「1週間筋肉痛」と苦戦したそう。そんななかでも、高橋は「ゆきりん(柏木由紀)さんは魅せ方が上手。あと今回、センターをやった岡田奈々ちゃんはダンスがキレキレ」と尊敬の眼差しを向け、向井地は「卒業した山本彩さんがこの曲を踊っているのを観たかった」と熱望していた。

 今年は倉野尾は「「NO WAY MAN」の歌詞に「まさかそんなことがあるなんて」とあるんですが、来年はそういったなにか、ぶっとんだことができたら」と掲げると、高橋は「『PRODUCE48』で韓国のファンの方など注目してもらえる層が海外にも増えたので。来年もAKB48に興味をもってもらえるように新しい一面をみせたい」と奮起。岡部は「今は海外で活躍している子が多いんですけど私は日本でちやほやされたい(笑)。デザインが好きなので他のみんなと違う方向で頑張りたいです」と茶目っ気たっぷりに意気込んでいた。

 なお、地上波放送と並行してWEB上(Twitter、ニコ動、Facebook、YouTube、番組公式HP)ではMCの古坂大魔王、アナウンサーの青木源太佐藤梨那によるトークコンテンツ『裏配信☆大魔王の部屋』を配信している。



オリコントピックス