アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 人生の終わりに「後悔」と向き合う クミコが語る“高齢者の心揺さぶる”歌の力

人生の終わりに「後悔」と向き合う クミコが語る“高齢者の心揺さぶる”歌の力

きょう17日は敬老の日。「INORI〜祈り〜」などのヒット曲で知られる歌手・クミコ(63)は、自身も高齢の両親を介助しながら、10年以上にわたり老人ホームなど高齢者向け施設に出向いてのライブ活動を続けている。そして今、クミコが歌う楽曲「最後だとわかっていたなら」(3月7日発売)が、アニメーションでつづられたミュージックビデオ(MV)とともに各地の高齢者施設で大きな感動を呼んでいるという。歌の内容はというと、大切な人の死、そして人生の後悔をストレートな言葉(詞)で表現しており、いわゆる“ポジティブ”なメッセージソングとは程遠い。それでもこの歌が、高齢者たちの共感を得ているのはなぜか。クミコにライブの現場で感じた高齢者の胸の内や、音楽(歌)の力がもたらすものについて語ってもらった。

歌詞は、アメリカ人女性のノーマ・コーネット・マレッ...

この記事の画像

  • クミコ「最後だとわかっていたなら」を語る
  • 高齢者のもとを訪れ歌うクミコ
  • 高齢者のもとを訪れ歌うクミコ
  • 高齢者のもとを訪れ歌うクミコ

オリコントピックス