城田優、スペイン語歌唱曲がW主演ドラマ『文学処女』挿入歌に

 俳優・城田優が10月24日にリリースするミュージカルカバーアルバム『a singer』収録曲の「イザベル」が、自身と森川葵がW主演する9月スタートのMBS/TBSドラマ『文学処女』の挿入歌に決定した。

 同ドラマはLINEマンガ編集部のオリジナル作品『文学処女』が原作。恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(森川)と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔(城田)のいびつな関係から生まれる遅咲きの恋が描かれる。文学から芽生えるはかなく美しいストーリーを、ミュージカルでも活躍する城田が歌で彩りを添える。

 挿入歌「イザベル」は、世界的人気ボーカルグループのイル・ディーヴォの2ndアルバム『アンコール』(2005年)収録曲のカバー。城田のルーツでもあるスペイン風のラテンアレンジに、スペイン語の歌詞を乗せた情熱的で、セクシーな楽曲となっている。

 城田は「個人的にずっと好きだった、イル・ディーヴォさんの名曲のカバーです。オリジナルバージョンの哀愁漂うアレンジとは対照的に、情熱的なラテンのリズムと、甘く切ないギターのサウンドで聞かせます。もちろんスペイン語で歌いました。この曲で、ドラマの中の『熱い恋』をさらに盛り上げられたらと思います!」と意気込み、「ぜひ、本編を観ていただき、ドラマと音楽のマッチングにも注目してください!」とアピールしている。

 ドラマ『文学処女』はMBSでは9月9日(毎週日曜 深0:50〜)、TBSでは9月11日(毎週火曜 深1:28)からスタートする。

■城田優 ミュージカルカバーアルバム『a singer』収録曲
01. 闇が広がる(エリザベート)duet with ラミン・カリムルー[日本語歌唱]
02. ホール・ニュー・ワールド(アラジン)duet with すみれ[英語歌唱]
03. エメ(ロミオとジュリエット)[日本語歌唱]
04. 母は僕を産んだ(ファントム)[日本語歌唱]
05. 僕こそ音楽(モーツァルト!)[日本語歌唱]
06. コーナー・オブ・ザ・スカイ(ピピン)[英語歌唱]
07. 僕がついてる(スウィーニー・トッド)[日本語歌唱]
08. マイ・フェイヴァリット・シングス(サウンド・オブ・ミュージック)[英語歌唱]
09. ザ・グレイテスト・ショー(グレイテスト・ショーマン)[英語歌唱]
10. ア・ミリオン・ドリームズ(グレイテスト・ショーマン)[英語歌唱]
11. イザベル(イル・ディーヴォ楽曲カバー)[スペイン語歌唱]
※曲順未定

関連写真

  • ドラマ『文学処女』で人気小説家を演じる城田優が挿入歌も担当
  • MBS/TBSドラマイズム『文学処女』ポスターイメージ

オリコントピックス

メニューを閉じる