アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 荻野目洋子、踊らずにフォークソング挑戦 吉田拓郎の名曲を弾き語り

荻野目洋子、踊らずにフォークソング挑戦 吉田拓郎の名曲を弾き語り

 BSジャパンで放送されていた音楽番組『あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜』が、2時間スペシャルで復活。12日に『あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜あの歌手が選ぶ!私の絶対SONGベスト3』(後7:00〜8:54)が放送される。今回は、バブル期にヒットした「ダンシング・ヒーロー」で再ブームが起きている荻野目洋子が、ゲスト出演。テレビで初めてフォークソングの弾き語りに挑戦する。

 THEALFEEの高見沢俊彦坂崎幸之助とともに、自ら選んだ「1970年代フォーク名曲」1位の吉田拓郎の名曲を披露。しかも、演奏に使うギターは、20年以上前に坂崎からプレゼントされたもので、坂崎と一緒に弾くのも、今回が初めてだった。

 荻野目は「高見沢さんと坂崎さんと共演したのは、ものすごく久しぶりでうれしかったです。坂崎さんの横で、もらったギターを一緒に弾いたのは初めてなんですよ。地道に練習してきてよかったなって思いました。ギターはそんなうまくないんですけれど、場数を踏んでいくことで、うまくなれるんじゃないかなと思っています。本当に今、弾き語りが一番楽しいです。ぜひ、“踊らない荻野目洋子”を見て下さい」と、アピールしていた。

 番組では、ゲストが自らテーマを決めて、1960〜80年代の名曲ベスト3を発表。徳光和夫が選ぶ「ムード歌謡」、コロッケが選ぶ「ちあきなおみ」など、ゲストの思い入れや曲にまつわるエピソードも語られる。ややマニアックな選曲もあり、音楽好きも、そうでない人も、時代をひも解きながら、ゲストの意外な姿を楽しめる内容となっている。 坂本冬美中島みゆきの名曲ベスト3から1位に選んだ「糸」を熱唱する。

■出演者が選んだベスト3のテーマ
坂本冬美が選ぶ「中島みゆき」
徳光和夫が選ぶ「ムード歌謡」
コロッケが選ぶ「ちあきなおみ」★
ジュディ・オングが選ぶ「テレサ・テン」★
泉谷しげるが選ぶ「加藤和彦」★
荻野目洋子が選ぶ「1970年代フォーク名曲」
高見沢俊彦が選ぶ「1973年」
坂崎幸之助が選ぶ「オフコース
★印はVTR出演



関連写真

  • 8月12日放送、BSジャパン『あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜あの歌手が選ぶ!私の絶対SONGベスト3』ギターの弾き語りで吉田拓郎の名曲を披露する荻野目洋子(中央)(C)BSジャパン
  • スタジオ出演者(C)BSジャパン
  • 坂本冬美は中島みゆきの「糸」を熱唱(C)BSジャパン

オリコントピックス