• ホーム
  • 音楽
  • サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂さん死去 5月に食道静脈瘤破裂で47歳

サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂さん死去 5月に食道静脈瘤破裂で47歳

 3人組ロックバンド、サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂さんが、5月に食道静脈瘤破裂のため死去していたことが15日、わかった。47歳だった。所属事務所が公式サイトで発表した。

 同サイトでは「サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂が5月に永眠しました。死因は食道静脈瘤破裂、享年47歳でした」と訃報を掲載。「葬儀はご家族の意向を尊重し、近親者のみで執り行わせて頂きました」と報告された。

 ボーカル&ギターの曽我部恵一は「晴茂くんが、亡くなりました。彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました」とつづり、「経験したありとあらゆること、素晴らしい時間や景色、サニーデイの音楽、これらすべては更新されることなく永遠のものになってしまいました」と無念さをにじませた。

 ファンに向けて曽我部は「サニーデイ・サービスを愛してくれたすべてのみなさん。晴茂くんのビートに身を委ね、彼を応援し、彼の復帰を待ってくれたすべてのみなさんに、感謝いたします。どうもありがとうございました」とメッセージ。最後に「ありがとう、晴茂くん。さようなら」と故人を偲んだ。

 1992年に結成され、94年7月にメジャーデビューしたサニーデイ・サービスは曽我部、田中貴(B)、丸山さんの3人組。丸山さんが95年に加入して以降、3人体制となっていたが、2016年2月、「長引く体調不良」のためとして丸山さんがバンドを離脱していた。

■曽我部恵一コメント全文

晴茂くんが、亡くなりました。

彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。
2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました。

すぐに、ではなくても、生きていればいつかはまた三人で音を出せると信じていたし、そんな最高なことが起こるのが人生だと思っていました。

晴茂くんはぼくの大事な友だちでした。
ドラマーがなかなか決まらずくすぶっていたサニーデイに入ってくれたとき、彼はすでにプロの仕事を経験していて、ぼくたちにとっては音楽的な先輩と言った感じでした。こんなすごい人が叩いてくれる!そこでやっとサニーデイはバンドとしてのスタートが切れたのです。
おまけになかなか東京人とフランクに接せられない地方出身のぼくと田中でしたが、何故か晴茂くんとはすんなり自然と打ち解けることができました。
たぶん三人とも、似たような部分でシャイだったのでしょう。
まるで、ずっと昔から友だちだったような感覚でした。

それから経験したありとあらゆること、素晴らしい時間や景色、サニーデイの音楽、これらすべては更新されることなく永遠のものになってしまいました。

晴茂くんはやさしい人でした。
純粋な人、という言葉は彼にこそ使っていいものだと思います。
なにごとにも臆することなく、心から正直に行動できる人でした。本物のパンクスで、本物のロックンローラーでした。
計算高いタイプのぼくはよく彼に「晴茂くんは天使だから」なんてことを言っていました。そんなとき晴茂くんは決まって不思議そうな顔でぼくを見るのでした。
ぼくは晴茂くんが大好きでした。

サニーデイ・サービスを愛してくれたすべてのみなさん。晴茂くんのビートに身を委ね、彼を応援し、彼の復帰を待ってくれたすべてのみなさんに、感謝いたします。
どうもありがとうございました。

自分がいま音楽をやっているのは、晴茂くんと出会い、彼に力をもらったからです。
ぼくがひとりで作った歌をみんなが聴けるカラフルな音楽にしてくれたのは晴茂くんです。
いつもぼくの家族を心配してくれたこと、あなたのはにかんだような笑顔、あなたの冗談、あなたのやさしさ、ひたむきさ、自由さ。
ありがとう、晴茂くん。
さようなら。

平成30年7月15日
曽我部恵一



オリコントピックス