• ホーム
  • 音楽
  • SKE48インタビュー 須田亜香里、「世間は興味ない」発言の真意明かす

SKE48インタビュー 須田亜香里、「世間は興味ない」発言の真意明かす

 SKE48が通算23枚目のシングル「いきなりパンチライン」を今月4日にリリースし、7/16付オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。6月に地元ナゴヤドームで行われた『第10回AKB48世界選抜総選挙』でも躍進したSKE48の江籠裕奈大場美奈小畑優奈須田亜香里惣田紗莉渚高柳明音日高優月にインタビューを行い、同曲に込めた思いを直撃。須田は総選挙のスピーチで話題を呼んだ「世間のみなさんは私たちが思っている以上に48グループに興味がない」発言の真意なども語ってくれた。

【試聴】SKE48の主な配信楽曲


――新曲はどんなシングルに?

高柳 最近のシングル「意外にマンゴー」(昨年7月発売)や「無意識の色」(今年1月発売)は小畑優奈ちゃん(16)がセンターで、フレッシュで新しいSKE48といった感じでした。今回は大人な感じで、10年やってきたからこそできる楽曲になったのではないかと思います。10周年を迎えるSKE48が熱く盛り上がれる楽曲になったのではないかと。

須田 うれしいことに毎シングル、オリコン1位をいただけている。でも、それは当たり前じゃなくて曲を聴いてくださる方がいて、応援してくださる方がいて、気になってくれている方がいてくれるから。いろんな方のおかげで、ここまで来られました。現状に満足しないのはもちろんなんですけど、今ある幸せはしっかりとつかみながら、応援してくれるみなさんと一緒に頑張りたいです。

小畑 すごく情熱的な夏曲です。曲調に昭和感があって、いろんな方に楽しんでいただけるんじゃないかなって思います。

日高 今回はすごくかっこいいラテン系の曲。灼熱の夏を想像させるような熱い楽曲。ありがたいことに、いろんなイベントに参加させていただくので、この楽曲と共にSKEと48がもっと盛り上がれるように一生懸命頑張りたいと思います。

大場 SKE48はアイドルのジャンルの中でも特に熱く、いろんなことに真摯にぶつかっていく体育会系のグループ。今年の夏はアイドルソングではなく、ちょっと昭和チックでムーディーな熱いギラギラした1曲で駆け抜けたい。

惣田 私はSKE48に入って5年目なんですけど、10周年イヤーにいさせていただけるのが、すごくうれしい。「パンチライン」という言葉がすごく印象的で、とにかく「パンチライン」と言っている。すごく耳に残る曲なので、いろんな方に「パンチライン」と口ずさんでもらえるように頑張りたいです。

江籠 この曲はダンスが特徴的。まねしやすい振り付けもあるので、一緒に踊れるぐらいSKE48が身近な存在になって、たくさんの方に知ってもらいたいですね。

――ミュージックビデオ(MV)も熱いですね。

須田 今回はダンスシーンの撮影が3日間のうちの3日目だった。いつも当日や前日の振り入れをすることが多いんですけど、1日目に9時間かけて振り入れをして詰めた。でも、それでも足りないぐらい「ダンスを見せたい」とスタッフさんも私たちも気持ちを込めて挑みました。

大場 引きで見た時に角度やポーズが1つでもズレて、おかしいと、全体として見た時にガッとこない。前にいても後ろにいても自分自身がパフォーマンスのカギになる。どこにいても、どんなに人の影に隠れていても気が抜けなかったですね。ダンスの先生のえんどぅさんが、そういった指導をしてくださった。あらためてSKE48を教育し直してくれた。10周年を迎える歴史のあるSKE48が、新しい先生にあらためていろんなことを教えてもらえたMVだったなと思いますね。

高柳 衣装が赤と白でSKE48だけで紅白。おめでたい感じです(笑)。実際に白の衣装はラメが効いていて、踊っていると自分たちからオーラが出るのに加えてラメが舞ってます(笑)。たまにラメが肌に付着して、キラキラ映っていたりする。赤のほうもスパンコールでギラギラ。ステージ映えがしますね。今年のSKE48は赤の情熱な感じがイメージ付けされているのかな。

――総選挙ではメンバー24人がランクイン(TOP100)するなど躍進しました。

惣田 私は2年連続で選抜(TOP16)に入れていただいた。普段、SKE48のメンバーでダンスをしたり、撮影をしたりするのと雰囲気も違います。AKB48の選抜で、この人のこういうところいいなって思うところがたくさんあるので、それを自分の身につけてSKE48でも自分の行動で示せるようになりたいなって感じます。

江籠 今年の総選挙は地元の名古屋での開催で、SKE48のファンの方も今年は特に気合を入れて応援してくださった。そういうところでSKE48のファンの方の熱さを、あらためて感じることができました。ファンとメンバーとの一体感を強めて、いろんなところに発信できたらいいなって感じます。

日高 総選挙終わってから東海ラジオさんの『ドラヂカラ!』というレギュラー番組で山崎武司さん、井上一樹さんから「SKE大躍進だね」とか「地元開催で盛り上げてくれてありがとう」と言われたりした。そういったことに自分が貢献できたのかと思うと、すごくうれしい。野球とSKE48との架け橋になるのが目標でした。少しずつ目標に向けて1歩ずつ前に進めたので、今回の総選挙はよかったなと思いました。

小畑 総選挙でこれからを引っ張っていく後輩の先頭の1人になりたいと言わせていただきました。昔の自分だったら絶対に言えなかったこと。ファンのみなさんが応援してくださって自信をつけてくれたから言えるようになりました。しっかり、その目標を果たせるように、そんな存在になれるように頑張りたいです。

須田 SKEが48グループを引っ張っているという言葉が現実になるような年になるのを願っています。コンサートをやっていて思うのは、何年、SKE48でやっているかは関係なく、一人ひとりが「自分がSKE48を引っ張っていくんだ」という自覚を持ってやっている子たちが見える。それを行動で示せているメンバーばかり。それをちゃんと続けていけばSKEが48グループを引っ張っていくのは、きっと現実になるんじゃないかなって。

――須田さんと言えば総選挙で「世間のみなさんは私たちが思っている以上に48グループに興味がない」とスピーチして大きな話題に。

須田 興味がない人にアプローチをしないと振り向いてもらえません。私が「興味がない人がいます」と言う。テレビを音だけ聴いている人が「あっ自分だ」なって振り返ったら、それは勝ち。そこに向けて言いました。戦略です(笑)。今まで「須田のこと好きじゃなかった」という人が、ちょっとずつ握手会とか目に見える範囲で反応をくれました。私は見た目とかで気を引けない分、言葉で気を引けるお仕事をさせてもらえている。そこは存分に活かしたい。かわいい子をグループの中に見つけたら、その子を推してくれていい。あわよくば私を推してくれてもいい。そんな気持ちで言わせていただきました。

――最後に新曲のアピールを。

須田 みんな、ふとしたときに口ずさむような曲にしたいですね。聴いた直後は、最低3分間は頭の中でグルグル回る曲だと思う。みなさんの生活の中で少しずつでもSKE48を感じていただきたいですね。



関連写真

  • (左上から時計回りに)惣田紗莉渚、江籠裕奈、日高優月、小畑優奈、須田亜香里、大場美奈、高柳明音 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)大場美奈、惣田紗莉渚、日高優月、小畑優奈、須田亜香里、高柳明音、江籠裕奈 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)江籠裕奈、惣田紗莉渚、大場美奈、日高優月、小畑優奈、須田亜香里、高柳明音(C)ORICON NewS inc.
  • 江籠裕奈=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 江籠裕奈=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 大場美奈=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 大場美奈=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 高柳明音=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 高柳明音=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 須田亜香里=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 須田亜香里=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 須田亜香里=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 日高優月=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 日高優月=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 小畑優奈=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 小畑優奈=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 惣田紗莉渚=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.
  • 惣田紗莉渚=「いきなりパンチライン」発売記念来社PR(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス