• ホーム
  • 音楽
  • 指原莉乃、宮脇咲良の謝罪にもらい涙「謝らないで」

指原莉乃、宮脇咲良の謝罪にもらい涙「謝らないで」

■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 HKT48指原莉乃はフジテレビ系で生中継されている副音声に登場。3連覇を達成した後に今年は不出馬となった指原の後を継ぎ、1位候補とされていたHKT48・宮脇咲良が3位に決定。スピーチで「さっしー(指原)ごめんなさい」と謝罪する宮脇に「もうだめだ」「謝らないで」とワイプの中で何度も首を振り、涙した。

 「さっしーの守ってきてくれた1位を守ろうと思ったんですけどごめんなさい」と懸命に言葉を紡ぐ宮脇の言葉に思わず、目頭を抑えた。「みんな頑張ってるんで誰が1位でもいいんですけどやっぱり特別な気持ちがある。本当に頑張ってるの知ってる」と労った。

 今年が「最後の総選挙」としている宮脇にハンカチで顔を抑えながら「出てくれよ。まだあるよ」と目を赤くした。「なにも言わずに抱きしめたいです。こんなに(昨年から票が)伸びることはない」と言い聞かせるようにコメントし、自らに宮脇からメッセージを振られると「やめください、もうやめて…言わないで」と涙をこらえた。

 終始、悔しい気持ちをあふれさせた宮脇が「さっしーはアラサーだけど、私もアラサーになるまで頑張るので、これからもずっと一緒に走っていってください」と呼びかけると「おい!」と画面に向かって笑顔で指を差しながら「最高のコメント!オチまで、天才!」と称えていた。



オリコントピックス