• ホーム
  • 音楽
  • 椎名林檎、20周年記念で全188曲サブスク解禁 4年ぶりアリーナツアーも決定

椎名林檎、20周年記念で全188曲サブスク解禁 4年ぶりアリーナツアーも決定

 シンガー・ソングライターの椎名林檎が27日にデビュー20周年記念日を迎えたことを記念し、持ち歌全188曲のサブスクリプション型(定額制)配信サービスを開始した。

 1998年5月27日、シングル「幸福論」でメジャーデビューした椎名は、CDシングル/アルバム全29タイトル、デジタル配信作品を含め、全188曲を発表。そのすべての楽曲をApple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicなどで順次配信する。

 また、約4年ぶりとなるアリーナツアー『椎名林檎(生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』の開催も決定。10月20日の静岡・エコパアリーナを皮切りに、11月30日の福岡・マリンメッセ福岡まで4都市で8公演が行われる。

 デビュー20周年記念日を迎えた椎名は公式ツイッターで「きょうという日を迎えても変わらずどんと構えているつもりでしたがいつもに増して温かいお便りをありがとうございます。どっこい緊張して参りました。思えばそんな繰り返しの二◯年、あっちゅうまでした。今後はもっと半笑いで茶化していただける大人を目指します。引き続きどうぞご贔屓に。毎度あり!」とファンにメッセージを送っている。

■『椎名林檎(生)林檎博’18 −不惑の余裕−』
10月20日(土):静岡・エコパアリーナ
10月21日(日):静岡・エコパアリーナ
11月2日(金):大阪・大阪城ホール
11月3日(土・祝):大阪・大阪城ホール
11月22日(木):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
11月24日(土):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
11月25日(日):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
11月30日(金):福岡・マリンメッセ福岡



オリコントピックス