• ホーム
  • 音楽
  • ベイビーレイズJAPAN、野音で結成6周年“限界超え”ライブ

ベイビーレイズJAPAN、野音で結成6周年“限界超え”ライブ

 5人組アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANが結成6周年記念日の6日、東京・日比谷野外大音楽堂で『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』を開催し、2500人の“虎ガー”と呼ばれるファンを前にタイトルにふさわしい“限界を超えた”パフォーマンスを繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 2014年、昨年に続いて3回目の野音ライブは快晴に恵まれ、メンバーは初披露の白い衣装で登場。林愛夏の「日比谷いくぞ!」の掛け声で「ベイビーレイズ」からスタートし、久しぶりに披露したデビュー当時の自己紹介ソング「Level1」では、コール&レスポンスで盛り上がった。

 オープニングから40分MCなしでたたみかけ、大矢梨華子は「暑さの限界を超えてますが、皆さん大丈夫でしょうか?」と呼びかけ、5月6日はグループの結成日であることにも触れると、林は「今日は最高の1日にしたいです!」と気合いを入れ直した。

 「涙のち晴れ」で虎ガーへの感謝の気持ちを歌いあげた後には、「ベイビーレボリューション」初のアレンジバージョンを披露。大矢は「口ずさんでいる人も見えて、こうして皆さんに愛される歌になってうれしい」と喜びを語った。

 MCでは過去2回の野音ライブの思い出を語り合う場面も。大矢は「初めての日比谷では、音の反響が判らずズレてしまった」と振り返り、傳谷英里香と渡邊璃生は「昨年の日比谷で衣装を取り違えてしまった」とのエピソードも。高見奈央は「昨年のリハーサル中に春雨スープをこぼして、太ももに大火傷を負ってしまった」というハプニングも明かした。

 鳴り止まないアンコールに応えて再び登場した5人は「栄光サンライズ」を熱唱。傳谷が「楽しい時間ってあっという間だけど、ここにいる皆さんの心に灯り続けますように」と語りかけ、「スパイラル」で会場全体を温かく包み込むと、最後は「FOREVER MY FRIEND」で結成6周年記念ライブを締めくくった。

■『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』
01. ベイビーレイズ
02. Level1
03.走れ、走れ
04. Pretty Little Baby
05. ぶっちゃけRock’n はっちゃけRoll
06. くびったけエンジョイサマー!
07. 夏色パーティー
08. ベイビーアンビシャス!
09. JUMP
10. 何度でも
11. 涙のち晴れ
12. ベイビーレボリューション
13. SHOW TIME
14. 閃光Believer
15. ○○○○○
16.アンチヒーロー
17. シンデレラじゃいられない
18. 夜明けBrand New Days
19. 僕らはここにいる
【アンコール】
20. 栄光サンライズ
21. スパイラル
22. FOREVER MY FRIEND



関連写真

  • 結成6周年記念日に日比谷野音ライブを成功させたベイビーレイズJAPAN
  • 結成6周年を迎えたベイビーレイズJAPAN=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 虎ガー2500人も大盛り上がり=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 林愛夏=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 傳谷英里香=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 大矢梨華子=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 高見奈央=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 渡邊璃生=『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より
  • 『ベイビーレイズJAPANワンマンライブ2018-Break The Limit-』より

オリコントピックス