• ホーム
  • 音楽
  • TOKIO・城島茂が民謡デビュー 猛特訓の三味線を披露

TOKIO・城島茂が民謡デビュー 猛特訓の三味線を披露

 人気グループ・TOKIO城島茂(47)が司会を務めるNHK総合『民謡魂 ふるさとの唄』(土・日曜、祝日の午後※随時)。新年度一発目となる30日放送回(後3:05)では、城島が三味線プレイヤーとして“民謡デビュー”を果たす。

島茂子、『家政夫のミタゾノ』主題歌でデビュー TOKIOと「ちょっとしたご縁」 (18年03月31日)


 民謡細竿三味線の第一人者・本條秀太郎先生の指導の下、約1年間の猛特訓に励んだ。TOKIOでギターを担当している城島は、少しの自信を持ってオファーを快諾したが「日本と西洋の楽器の違いは認識はしていたのですが、ここまで違うものだとは。チャレンジするとなって初日に『失敗したな』と思いましたね」と笑いながら回顧。

 特に普段扱っているギターのピックと、三味線のバチのギャップに苦労した様子で「『やります!』と、安請け合いしなきゃよかったというくらい(ギターと三味線は)別物だというのが正直な感想です」とポツリ。ギターとは違う手首の使い方に慣れるのも一苦労だったといい「いつもは腰のほうに湿布を貼るんですけれど、手首のほうにも湿布を貼らなきゃというくらい苦労してます」と明かした。

 それでも無事に初披露を終え、観客からの拍手を浴びると「ホッとしたような、もうちょっとやりたかったなという思いです」と安堵の表情で充実感をにじませた。新年度からは、番組の“応援団長”にも任命され「『民謡魂』、そして民謡をもっと盛り上げていけたらと思っています!」と決意新たに語っていた。



オリコントピックス