松山千春、41年ぶり弾き語りツアー開幕

 フォークシンガー・松山千春(62)の全国ツアー『弾き語り』が20日、埼玉・サンシティー越谷市民ホールで幕を開けた。「世界で最高のコンサートを見せたい」…異色のカバー・アルバム『北のうたたち』(25日発売)を携えての弾き語りツアーが各地で繰り広げられる。

【写真】その他の写真を見る


松山がギター1本で弾き語りツアーを行うのはデビュー以来41年ぶり。「フォークシンガーとして原点に戻ったライブにしたかった」という。当然、演奏する作品についても、生まれ故郷の「北海道」にもこだわった。

 特に、今年は松山の出身地・北の大地が「北海道」と命名されて150年目に当たることも今回の企画に反映された。25日発売のアルバム『北のうたたち』では、北島三郎の名曲「風雪流れ旅」をはじめ、高倉健が主演した「網走番外地」、バーブ佐竹の「ネオン川」、さらには旭川育ちの藤圭子のヒット曲「夢は夜ひらく」、そして、トワ・エ・モアが歌った札幌オリンピックのテーマ「虹と雪のバラード」など、北海道にゆかりのある楽曲ばかり5曲を松山が選りすぐって収録している。

 今回のコンサートでは、その中から「風雪流れ旅」と「網走番外地」をギター弾き語りで熱唱したが、特に「風雪ながれ旅」は「レコーディングの時の三味線演奏に感動した」と、この作品を歌うためだけにレコーディングに参加した三味線奏者の小山豊(36)を同行させるほどの力の入れようだ。

 そのほか「恋」や「燃える日々」、フォーク歌手として尊敬していた岡林信康のヒット曲「私たちの望むものは」など全18曲を歌い上げた。同ツアーの東京公演は5月9、10日に東京国際フォーラムで行われ、6月27日のニトリ文化ホール(北海道・札幌)まで18都市、全22回のステージを予定している。



関連写真

  • 41年ぶり弾き語りツアーを開幕させた松山千春
  • 41年ぶり弾き語りツアーを開幕させた松山千春

オリコントピックス