• ホーム
  • 音楽
  • JKT48、世界選抜総選挙参加辞退 断食月明け祭日と重なり…

JKT48、世界選抜総選挙参加辞退 断食月明け祭日と重なり…

 『第10回AKB48世界選抜総選挙』(6月16日開票、会場未定)の立候補受付最終日の27日、インドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48が参加を辞退した。同イベントの公式サイトで発表された。

【試聴】AKB48の主な配信楽曲


 JKT48の運営チームは「選抜総選挙の開票日である6月16日がインドネシアの宗教上の祭日、レバラン(6月13日〜19日予定)とかぶっていることから、メンバー全員が公平に立候補の判断をすることが難しいと考え、今回は参加を見送ることとし、AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 管理委員会より承諾をいただきました」と説明した。JKT48には研究生を含めて57人が在籍している。

 レバランはイスラム教の断食月(ラマダン)明けの祭日。運営チームは「年間最大の行事で、国民の多くが一週間以上の休みを使い故郷に里帰りする風習があります。皆様のご理解のほど、よろしくお願い申し上げます」と理解を求めた。

 選抜総選挙が10回目を迎えた今年、海外姉妹グループのJKT48(インドネシア・ジャカルタ)、BNK48(タイ・バンコク)、TPE48(台湾・台北)のメンバーも立候補できることに。名称も「世界選抜総選挙」に改められた。



オリコントピックス