• ホーム
  • 音楽
  • 小田和正、25年目『めざましテレビ』に新曲提供 10年ぶり2度目

小田和正、25年目『めざましテレビ』に新曲提供 10年ぶり2度目

 シンガー・ソングライターの小田和正が、4月で放送25年目に突入するフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』の新テーマソングとして新曲「会いに行く」を書き下ろした。小田が同番組のテーマソングを担当するのは、2008年の「今日も どこかで」以来10年ぶり2度目となる。

 渡邊貴チーフプロデューサーは「これまで小田和正さんに、ことあるごとにラブコールを送り続けてきました。番組15周年イヤーのテーマソングや、映画の主題歌も作っていただきましたが、番組開始25年というメモリアルなタイミングで再び小田さんとご一緒させていただけることに感動しています」と喜びのコメント。

 新テーマソングを聴いた同プロデューサーは「自然と涙がこぼれました。美しい声、温かいメロディーと共に、番組が大切にしたいテーマがその言葉の端々に詰まっていました。朝、起きた視聴者が、徐々に楽しく明るくなって出かけて行きたくなる、見た人、聴いた人が幸せな気分になれる、そんな普遍的なテーマソングが完成しました」とアピールした。

 メインキャスターの三宅正治アナウンサーは「僕自身はまだ7年目ですが、これまで多くのスタッフ、出演者が入れ替わりながら『めざましテレビ』という素晴らしき集合体を作り上げてきたことに感慨を覚えます。そしてこのタイミングで、僕の尊敬する小田和正さんがテーマソングを作ってくださるということ。心の底から感激しています」としみじみ。

 3年目に突入する永島優美アナウンサーは「記念すべき25周年を小田和正さんの歌で彩っていただけることに胸が高鳴っております。小田さんの澄み渡る声はいつも前向きな気持ちにしてくださります。小田さんの歌と共にあたたかい気持ちで1日のスタートが切れますよう、心を込めて毎朝をお届けしてまいります」と気持ちを新たにした。

 同番組は4月から放送時間を拡大し、毎週月〜金曜日の午前4時55分〜8時まで放送。新テーマソングは4月2日からオンエアされる。



関連写真

  • 4月から『めざましテレビ』のテーマソングを担当する小田和正
  • 25年目に突入する『めざましテレビ』のメインキャスター(左から)三宅正治アナ、永島優美アナ

オリコントピックス