作曲家・梶浦由記氏が事務所退社し独立 Kalafinaは今後も「微力ながら応援」

 3人組女性ボーカルユニット・Kalafinaのプロデュースやアニメの劇伴音楽などで知られる作曲家・梶浦由記氏が21日、自身のツイッターを更新。芸能事務所・スペースクラフトを退社し、独立したことを報告した。

 梶浦氏は「さて……1つご報告せねばならない事が。わたくしこの度所属事務所より独立させて頂くこととなりました」と報告。「思えばスペースクラフトプロデュースさんには長らくお世話になりました……20年以上ですから。今は有難くも心躍るようなお仕事に多々携わらせて頂いておりますが、そうでない時期もございました。その間も支え続けて下さった事も含めて感謝の言葉しかありません」と思いを記した。

 続けて「長期間に渡って色々な事を学ばせて頂きましたが、ここらでそろそろ自分で頑張ってみようかなと」とつづり、今後も「音楽のお仕事は続けて参りたいと思っております」。

 同じスペースクラフト所属でデビューからプロデュースを手がけてきたKalafinaについても言及し「今までお世話になった同事務所の歌い手さんたちや、Kalafinaについては……いる場所が変わってしまいますので今まで通りと言うわけには参りませんでしょうが、今後も微力ながら応援して参りたい気持ちに変わりはございません」と明かしている。

 梶浦氏は、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『ソードアート・オンライン』など多くの人気アニメの劇伴音楽を手がける。Kalafinaは劇場アニメ『空の境界』の主題歌プロジェクトとして結成されたユニットで、2008年のデビューから梶浦氏がプロデュースを手がけてきた。

オリコントピックス

メニューを閉じる