アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ファン指名ドラフト 思惑違いも…指原意中の1人はSTU48へ

ファン指名ドラフト 思惑違いも…指原意中の1人はSTU48へ

 AKB48グループの国内6グループ/15チームが参加した『第3回AKB48グループドラフト会議』が21日、TOKYO DOME CITY HALLで行われ、候補生68人中55人が指名を受けた。初の試みとして、各チームのファンのネット投票によって選択希望候補者を決めたが、果たして思惑どおりの補強はできたのだろうか。

【写真】その他の写真を見る


 過去2回はメンバーが自身のチームに必要な人材を指名。第1回(2013年11月)はNMB48チームNキャプテンの山本彩が、1巡目最多3チームが競合した須藤凜々花(昨年8月卒業)のくじを引き当て、第2回(15年5月)はNGT48チームNIIIの北原里英柏木由紀が、昨年の総選挙5位となった荻野由佳を2巡目で指名。近年、最も話題を集めた個性的な2人は、メンバーによって見いだされた。

 今回は初の試みとして、各チームのファンが動画配信サイト「SHOWROOM」の投票機能を通じて選択希望候補者を決定した。会場では各チームのメンバー5人がそれぞれの円卓で投票状況を見守り、指名が重複した場合は代表メンバーがくじ引きを行ったが、ファンの選択に口出しすることはできなかった。

 1巡目で最多タイ3チームの競合によるくじ引きで、自ら渡部愛加里(13)を引き当てたHKT48チームHの指原莉乃は、ドラフト会議後の囲み取材でこう振り返った。

 「今回はファンの皆さんが決めるという企画だったので、私たちはデータも資料も何もいただいていなくて、何もできなかった。でも、(指名前のパフォーマンスで)72番の子が目の前に来た時に『かわいい、絶対この子がいい』って(チームHメンバーと)言っていたんです。その気持ちがファンの皆さんに届いたのかな。そして見事、引き当てることができて、久しぶりに興奮しました」

 その一方で、指原にはもう1人意中の候補生がいたというが、指名されないまま、チームHは3巡目で選択終了した。「正直、私が欲しかった子が残っているので、今すぐ採りたいくらい。すごく悔しい。その子が選ばれるように願っていますが、=LOVEというグループのプロデュースをやっているので、指名されなかったらそっちに入れます」と引き抜き宣言も飛び出すほど。

 終演後の囲み取材で、その候補生がSTU48に5巡目で指名された信濃宙花(しなの・そらは、14)だったことを明かし、「信濃ちゃんという子がとにかくパフォーマンスがよくて、選ばれなかったら自分のプロデュースしているグループに入れたいと思っていたくらい。STU48に指名されて、うれしい気持ちと複雑な気持ちとどっちもあります。でも、STUは兼任が終わってからも関わりはあるので楽しみです。よかったです」と振り返った。

 一方で、メンバーの意中の候補生をファンが指名し、円卓のメンバーが大喜びする一幕も。中でも、チームKが4巡目指名でメンバー意中の小林蘭(14)を指名することがわかると、込山榛香小嶋真子武藤十夢倉野尾成美茂木忍は歓声をあげ、さらに単独指名で交渉権獲得が決まると歓喜に沸いた。チームKが第一志望だった小林は「パフォーマンスのときにチームKさんにいっぱいアピールしたので、指名されてよかった」と安堵の涙をこぼすと、メンバーはスクリーン越しに「蘭ちゃ〜ん!」と呼びかけ、手をブンブン振って喜んだ。

 そんな光景に複雑な表情を見せたのは、HKT48チームKIVの宮脇咲良。チームKIVのファンは、2巡目で5チームが競合した沖侑果(18)のくじ引きでハズレたところで選択終了を決めたが、メンバーは小林を指名したかったという。宮脇は「難しいですね…私たちは蘭ちゃんをすっごい採りたかったけど、言えなかったので…」と思い通りにならず、言葉少なだった。

 ファンの思いに100点満点で応えたのは、ドラフト初参加の“末っ子”STU48。AKB48チーム4兼任の岡田奈々は今回、STU48キャプテンとして参加し、強運を発揮しまくった。1巡目で2チーム競合の中村舞(18)、2巡目では最多5チーム競合の沖侑果(18)を引き当て、しかも2回とも、くじ引きをする順番を決める予備抽選では1番を引いた。

 あまりの引きの強さに、MCのアンタッチャブル山崎弘也は「ノッてるよね〜強いね〜」と興奮し、ファンは「なぁちゃん、ありがとう!」「岡田船長、神の手!」「船長ゴッドハンド」と称賛の嵐。岡山県在住の沖も「ずっとSTU48を希望していました」と指名を喜び、「会場にいる誰よりも一番古いSTUファンだと自負しているので、貢献していきたい」としっかり意気込みを語った。

 岡田は囲み取材で「瀬戸内出身の子だったり、STU48を希望してくれている子が絶対欲しいなと思っていた」と語ったが、交渉権を獲得した5人は愛媛、岡山(2人)、広島、兵庫在住といずれも瀬戸内出身でSTU48志望。相思相愛のドラフトとなった。

 ほかにも、SKE48チームSの松井珠理奈は「ファンの皆様が選んでくださった2人なので、みんなで大事に育てたいねと話をしました」と円卓での会話を明かし、NMB48チームNキャプテンの山本彩は「NMBに行きたい、NMB愛を持ってくれている子が来てくれたので、すごくうれしい」と満足のいくドラフトだった様子。「ファンの方が想像以上に熱く話し合ってくださった」(込山)と活発な議論が交わされた一方で、「コメント欄でファン同士がケンカしていて正直怖かったので、もういいかなと思いました」(指原)との声もあった。

関連写真

  • HKT48チームHの指原莉乃が3チーム競合した渡部愛加里の交渉権を獲得(C)AKS
  • (左から)横山由依、指原莉乃、宮脇咲良=『第3回AKB48グループドラフト会議』  (C)ORICON NewS inc.
  • 主要メンバー&指名されたメンバー(18歳以下除く)(C)AKS
  • 指名された候補生たち(18歳以下の候補生を除く)
  • 1巡目結果 (C)ORICON NewS inc.
  • 2巡目結果=『第3回AKB48グループドラフト会議』 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮脇咲良に抱きついて喜ぶ指原莉乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 2巡目も引き当てた岡田奈々=『第3回AKB48グループドラフト会議』  (C)ORICON NewS inc.
  • 岡田奈々=『第3回AKB48グループドラフト会議』  (C)ORICON NewS inc.
  • 『第3回AKB48グループドラフト会議』の模様(C)ORICON NewS inc.
  • 『第3回AKB48グループドラフト会議』の模様(C)ORICON NewS inc.
  • 国内6グループ/15チームが参加した『第3回AKB48グループ ドラフト会議』(C)AKS
  • 国内6グループ/15チームが参加した『第3回AKB48グループ ドラフト会議』(C)AKS
  • くじ運を発揮したSTU48キャプテンの岡田奈々(C)AKS
  • 国内6グループ/15チームが参加した『第3回AKB48グループ ドラフト会議』(C)AKS

オリコントピックス