• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】松たか子、18年ぶり出場に「ご縁があってうれしい」

【紅白リハ】松たか子、18年ぶり出場に「ご縁があってうれしい」

■『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサル2日目(30日、東京・渋谷 NHKホール)
 女優の松たか子は、第48回(1997年)、第50回(1999年)以来、18年ぶり3回目の出場。「(紅白出場は)思ってもいなかったことで、自分なんかにはもったいないと思ったんですが、朝ドラの主題歌をやらせていただいて、そのこと自体、思いもよらないチャンスをいただいて、せっかくなので出させていただこうと思いました」と心境。現在、NHKで放送中の『わろてんか』(月〜土 前8:00 総合ほか)の主題歌でもある「明日はどこから」を歌唱する。

【写真】その他の写真を見る


 この間、出場・出演する機会がなかったわけではない。2014年に大ヒットしたディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』に主演し、日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』が評判になり、その年の紅白ではアナ雪企画への出演が期待された。「機会がなかったわけではない。なかなかタイミングが…。妊娠中だったり、いろいろして。今回、ご縁があってうれしく思っています」と話していた。

 オープニングの全体リハーサルでは、ステージ上で椎名林檎らと談笑するなど、リラックスした表情を見せていたが、あすは、赤のロングドレスを着用予定。「紅組だしね」と笑顔。「お祭りというか、ぜいたくで豪華なお祭りに参加させてもらうので、気持ちが上がるような衣装で出たいなと思いました」と話していた。



関連写真

  • 『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサルに参加した松たか子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサルに参加した松たか子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサルに参加した松たか子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス