• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】TOKIO城島、“先に結婚”岡田准一にダジャレで自虐「カミさんよりカミセン」

【紅白リハ】TOKIO城島、“先に結婚”岡田准一にダジャレで自虐「カミさんよりカミセン」

■『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 TOKIO城島茂が後輩グループ・V6岡田准一と女優・宮崎あおいの結婚を「大変おめでたい」と祝福した。しかし、先を越されたことには「カミさんよりカミセンが先になっちゃった」と、岡田の所属するカミングセンチュリーに引っ掛けたダジャレで自虐。松岡昌宏から「後輩をダシにつかうな」とツッコまれても城島は「おっかだ(岡田)びっくり」とマイペースにかぶせて爆笑を誘った。

 充実の一年を振り返るくだりでは山口達也は「ちゃんと働かないと養育費が払えないと。15年は現役で頑張りたい」と自身の離婚を引き合いに“NG”なしとばかりにぶっちゃけ全開。山口が岡田をオーデションを選んだのは自分と城島だったと胸を張れば、松岡は「受かった人は結婚して、選んだ人が養育費」と手厳しく指摘した。

 ちなみに結婚報告はメンバー誰も事前には聞かされていなかったそうで、長瀬智也は「(発表のあった)クリスマスイブは石垣島でイグアナを捕まえてました」と明かし、城島も「情報源はスポーツ紙です」と苦笑しきりだった。

 また、今回は二宮和也が白組司会を務めるが、国分太一は「いつ紅白の司会の話くるんだろう。嵐のあたりでグルグル回ってる…」と嘆き、松岡は「中居(正広)先輩からぶっ飛んじゃったから」と苦笑。国分は「皆さんから『いい人がいる』ってお願いします」と報道陣に向け、根回しを依頼していた。



オリコントピックス