• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】天童よしみ、海外公演に意欲「演歌の反応がどんなものかを知りたい」

【紅白リハ】天童よしみ、海外公演に意欲「演歌の反応がどんなものかを知りたい」

■『第68回NHK紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 22回目の出場となる天童よしみは「道頓堀人情」を歌唱。今年、歌手活動45周年という節目を迎えたが「いろんなイベントをやっていく中で、たくさんの方から『これからも歌っていって』と言っていただいた。その思いを胸に来年はリスタートで頑張りたい」と決意を新たにした。

【写真】その他の写真を見る


 本番の衣装を聞かれると「基本、ほっそり見えるようにっていうことと、それでいてゴージャスな感じを意識しています」とにっこり。「いろんな色のストーンをコサージュ代わりにしているんですけど、これがけっこう重たい。これが45年の重みかと思って着ています」と笑わせた。

 来年の目標については「海外進出を考えています。ニューヨークで演歌の公演をやってみたい」と宣言。「今の時点では、ほわんほわんとしか決まっていない」としながらも「日本の演歌の反応がどんなものかを純粋に知りたい。そのためにも、まずは英会話に通って、イチから叩き直さないといけないですね」と意欲をにじませていた。



関連写真

  • 『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した天童よしみ (C)ORICON NewS inc.
  • リハーサルの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した天童よしみ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した天童よしみ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した天童よしみ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス