• ホーム
  • 音楽
  • コブクロ、千秋楽で喝采止まず 来春“2人きり”ツアーも予告

コブクロ、千秋楽で喝采止まず 来春“2人きり”ツアーも予告

 人気デュオ・コブクロが26日、さいたまスーパーアリーナで7月から5ヶ月にわたって行われた全国ツアー『KOBUKURO LIVE TOUR 2017“心”』(14都市30公演、計25万人動員)のファイナル公演を開催した。小渕健太郎黒田俊介が全身全霊を注いだ熱唱で観客の心を揺さぶり、1分半にわたってスタンディングオベーションが鳴り止まない一幕も。3時間20分にわたって19曲の歌と軽妙なトークで2万人超の観客を魅了した。

【写真】その他の写真を見る


 できたての新曲をすぐに届けていたストリート時代の原点に立ち返り、まずはライブ会場のファンに新曲を披露するスタイル。オープニングは「このツアーのために作った」(小渕)という新曲「君になれ」で幕を開けた。ゆっくりと回転する円形のセンターステージに立ち、ストリングス4人を含めた9人のバンドとともに、あいさつ代わりの新曲を全方位の観客に届けた。

 冒頭のMCで小渕が「このツアーは新曲だらけです。これが一番楽しい。リリースする前にライブで聴いて覚えてもらえるのがとてもうれしいし、幸せなことです」と話したように、5月にリリースしたシングル「心」、収録曲「HELLO, NEW DAY」「LIFE」、CD未収録の「君になれ」「夏の雫」「白雪」と計6曲の新曲を披露。センターステージからアリーナの四隅へと伸びた4本の花道を何度も行き来しながら、“今届けたい”メッセージを歌に込めた。

 中盤では、結成翌年の1999年、初めて“屋根のある会場”でライブをした日のことを振り返った。当時、路上での集客をぐんぐん増やし、ライブの案内を送るためにノートに名前と住所を書いてもらったところ、1ヶ月も経たないうちに2000人が記入したという。しかし、用意されたのは150人収容のライブハウス。2人は拍子抜けしたものの、当日チケット500円の有料ライブに来場したのは半分にも満たない67人だったという。

 小渕は「そこが大きなスタートになって、今日は2万1000人を超える人たちが予定を空けて、チケットを取って来てくれていることのすごさ。それに対する感謝。これがどういうことなのか。その日のことを思い出すと、深く深く胸に想いがあふれます」としみじみ。「悔しさや泣きそうな気持ちで始まったスタート。そんな想いがたくさん詰まった、夢をテーマした歌です」と紹介し「Starting Line」、さらに「蒼く 優しく」を熱唱し、観客を圧倒した。

 続けて披露したのは、ツアータイトルナンバーの最新シングル「心」。最後のサビでは演奏を止め、2人がマイクを通さずにアカペラで圧巻のハーモニーを繰り広げた。身じろぎせずに着席で聴き入っていた観客は一斉にスタンディングオベーション。長い間お辞儀をしながら拍手の嵐を聴いていた小渕と黒田は照れたような笑顔でハイタッチし、1分半にわたって喝采は鳴り止むことなく続いた。

 小渕は「とってもシビアな歌を30公演歌い続けてきたんですけど、今日このステージで『心』という歌が完成したなと思いました。一生忘れずに、ずっと歌っていきたいと思います」と感無量の表情。黒田が「最後の『誰も一人じゃない』のところで僕の使命が終わった。2017年、完」と花道の先端でへたりこむと、小渕は「黒ちゃん、来週これと同じセットリストで2人でカラオケ行こっ!」と陽気に誘い、黒田を苦笑いさせた。

 トークの面白さでも知られるコブクロは、感動から一転、抱腹絶倒のMCタイムに突入。黒田は新曲「夏の雫」のハモりの入りが遅れたことを自ら蒸し返すと、「衝撃ですよ。一番大事な上ハモのところでくしゃみが出た。入りを忘れたわけじゃない!」と熱弁。「そんなことあるんやなぁと。誰かが俺のうわさしてたのかな? 『今日の黒田、ええ歌、歌ってるね』って。なんつってね」とノリツッコミ。また、小渕がとりとめのない話を続けていると、「長いっ! ファイナルだからって4時間も5時間もやっていいわけちゃうぞ」と割って入り、会場は爆笑の渦に包まれた。

 来年9月に結成20周年を迎えるコブクロは、春から小渕と黒田の2人だけでツアーを行うことを発表した。バンドは入れず、全曲小渕のギター演奏のみで歌唱する。小渕は「ギター1本でツアーをやったことは今まで1回もなかったんですよ」と話すと、ファンからのリクエストを元にセットリストを組むことも予告。リクエストはあす27日から12月31日まで募集する。

 会場一体となっての「ストリートのテーマ」の大合唱で始まったアンコールは、ヒット曲「未来」「轍 -わだち-」で大団円。小渕は「新曲をいっぱいやらせていただきました。まだリリースしていない曲もあります。すぐにレコーディングをスタートして1日でも早く手元に届けたい。最高の音を作って、今日のライブを思い出してもらえるようにしますので楽しみにしていてください。新しいチャレンジをいっぱいしたいんで、みんなまたライブに来てね〜!」と呼びかけ、ファンは「コブクロ最高!」の歓声と割れんばかりの拍手で呼応した。

■『KOBUKURO LIVE TOUR 2017“心”』
01. 君になれ
02. 虹
03. 君という名の翼
04. tOKi meki
05. 紙飛行機
06. SUNRISE
07. HELLO, NEW DAY
08. LIFE
09. 夏の雫
10. 流星
11. Starting Line
12. 蒼く 優しく
13. 心
14. 白雪
15. memory
16. 神風
17. ストリートのテーマ
【アンコール】
18. 未来
19. 轍 -わだち-



関連写真

  • 25万人動員ツアーを完結させたコブクロ
  • 「HELLO, NEW DAY」では2人でストップポーズを決めて大歓声があがった
  • 黒田俊介がギターを演奏する一幕も
  • 黒田俊介がギターを演奏する一幕も
  • 19曲を熱唱したコブクロの黒田俊介
  • 19曲を熱唱したコブクロの小渕健太郎
  • 19曲を熱唱したコブクロの小渕健太郎
  • 繧ウ繝悶け繝ュ20171126竭」

オリコントピックス