『Mステ』初、ダンススペシャル 岡村靖幸、MIYAVIが初登場

 17日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)は、番組初のダンススペシャル。アーティスト×アーティスト、アーティスト×高校ダンス部のコラボレーションなど、スペシャル企画にふさわしいダンスパフォーマンスの数々を届ける。VTR企画「Mステランキング」でも、全国大会出場校のハイレベルなダンスパフォーマンスとともに、高校ダンス部に聞いた「ダンスで使用するヒット曲」を紹介する。

【写真】その他の写真を見る


 1組目は、荻野目洋子×登美丘高校ダンス部。18年ぶりの出演となる荻野目洋子は、「バブリーダンス」で話題の登美丘高校ダンス部とのスペシャルコラボレーションで、「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」を披露する。登美丘高校ダンス部は、全校大会で2連覇、今年も準優勝を飾ったダンスの強豪校。彼女たちが踊るダンス動画の再生回数は1400万回を超えるという話題のチーム。さらにMステのレギュラー放送では10年ぶりとなる、大阪からの生中継を敢行する。

 2組目は、DAOKO×岡村靖幸。「シンガーソングダンサー」の肩書きを持つ岡村は、Mステ初登場。アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌で注目されたDAOKOとのコラボレーションでアニメ主題歌の「ステップアップLOVE」をテレビ初披露する。MVにバックダンサーとして登場する、振付演出家のMIKIKOが率いるELEVENPLAYも出演する。

 3組目は、初登場のサムライ・ギタリストことMIYAVI三浦大知のコラボレーション「Dancing With My Fingers」。MIYAVIの即興ギターに合わせ三浦もアドリブダンスを生披露する。「日本をもっと踊らせたい!」という三浦とMIYAVIによるMステだけのスペシャルパフォーマンスは必見だ。

 ほかに、AKB48が年内でグループを卒業する渡辺麻友がセンターを務める最新曲「11月のアンクレット」。関ジャニ∞はメンバーの丸山隆平初の単独主演映画主題歌「応答セヨ」。THE RAMPAGEはパフォーマーのLIKIYAが振付した「100degrees」を披露する。ボーカルの川村壱馬が自身初となる作詞に挑んだラップ・パートにも注目。

関連写真

  • 11月17日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』初のダンススペシャルに出演するMIYAVI(左)、三浦大知
  • 岡村靖幸は『Mステ』初出演
  • 荻野目洋子は18年ぶりの出演
  • 1月17日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』初のダンススペシャルに出演する登美丘高校ダンス部
  • 1月17日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』初のダンススペシャルに初出演するMIYAVI
  • 1月17日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』初のダンススペシャルに出演する三浦大知

オリコントピックス

メニューを閉じる