• ホーム
  • 音楽
  • 超特急アリーナツアー“秒速”完売 ユーキが総合演出、コーイチがテーマ曲作詞

超特急アリーナツアー“秒速”完売 ユーキが総合演出、コーイチがテーマ曲作詞

 7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が、年末年始に開催する自身初のアリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning』(4都市5公演)のチケット一般発売が29日スタートし、“秒速”で全会場完売した。これを受け、千秋楽の大阪城ホール公演のみ、きょう午後6時から各プレイガイドで立ち見席を販売することが急きょ決まった。

 本ツアーは12月24・25日に千葉・幕張メッセイベントホール、27日に横浜アリーナ、30日に愛知・日本ガイシホール、来年1月6日に大阪城ホールで行われ、4都市5公演で5万人を動員する。

 ステージングを含めた総合演出を5号車ユーキが手がけることが決定。他のメンバーもそれぞれ演出に一役買い、1号車コーイチは年末年始(12月26・27日、1月6日)公演テーマソング「the end for beginning」を担当することに。YouTubeでは同曲のティザー映像が解禁となった。12月24・25日のクリスマス公演のテーマソングは追って発表される。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス