• ホーム
  • 音楽
  • 遠藤賢司さんが死去 70歳 「カレーライス」などヒット曲

遠藤賢司さんが死去 70歳 「カレーライス」などヒット曲

 胃がんで闘病中だったシンガー・ソングライターの遠藤賢司さんが、25日早朝都内の病院で亡くなった。70歳だった。同日、遠藤さんの公式サイトで訃報が伝えられた。遠藤さんは10月19日に大阪で開催予定だったライブを体調不良で中止し、振替公演の実施を目指していたが復帰はかなわなかった。

 サイトでは「遠藤賢司は、一昨年より胃がんを患いましたが、闘病を続けながら音楽活動を続けてまいりました。新曲のレコーディングに向け体調を整えていましたが、10月23日に入院となり、24日に容態が急変し、25日早朝、都内の病院で亡くなりました。享年70才でした」と報告。

 「本人に代わって、長年、みなさまには遠藤賢司の音楽にご支援いただいたことに改めて感謝いたします。葬儀は本人の意向を尊重し家族だけで執り行い、年明けには、音楽葬を行う予定です」とし、詳細については「エンケンオフィシャルサイトで発表いたします。引き続き遠藤賢司の音楽をご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます」と伝えた。

 ボブ・ディランに触発されて音楽を始めた遠藤さんは、1960年代後半のフォークシーンで頭角を現し、1969年2月に「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビュー。「カレーライス」「不滅の男」などが有名で、漫画家・浦沢直樹氏が原作で実写映画化もされた『20世紀少年』の主人公・ケンヂ(遠藤健児)のモデルにもなった。

 昨年6月にスタッフがブログとフェイスブックで、がんを公表。その後も闘病しながらテレビ出演など活動を続け、10月19日には大阪・梅田クアトロでライブ『遠藤賢司ソロライブ“猫と僕と君”〜関西編〜』を開催予定だった。しかし、体調不良のため同5日にライブの中止を発表。「関西での振替公演を目標に、しばらくは治療に専念して体調を整えたいと思います」と公式サイトでコメントしていたが、25日には昏睡状態に陥っていると一部で報道されていた。



オリコントピックス