• ホーム
  • 音楽
  • EXO、日本オリジナル曲がカイ主演ドラマ主題歌

EXO、日本オリジナル曲がカイ主演ドラマ主題歌

 日本、韓国、中国を中心にアジアで絶大な人気を誇るグループ・EXOの日本オリジナル楽曲「Lovin’ You Mo’」が、メンバーのカイが主演するWOWOW『連続ドラマW 春が来た』(2018年1月13日スタート、毎週土曜 後10:00、全5話※第1話無料)の主題歌に決定した。EXOの楽曲が日本のドラマの主題歌に起用されるのは初となる。

 日本語の歌詞で歌われた主題歌は、同ドラマのために作られた日本オリジナル楽曲。影を帯びたイントロから、切ないメロディーへと展開していくEXOらしいナンバーとなっており、まるで冬の世界から春へと移り変わっていくようなイメージは、ドラマをより一層盛り上げてくれるに違いない。

 カイは日本のドラマ初主演。WOWOWのオリジナルドラマにおいても、史上初の海外キャストの主演作となる。原作は、鋭い観察眼と愛情あるまなざしで人間の機微を描き出す日本最高峰の脚本家、向田邦子の傑作短編「春が来た」。日本のみならずアジア諸国においても愛され続けている向田作品の中でも“家族の再生”という普遍的なテーマを持つ傑作として知られる短編を、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。

 デパートの下着売り場に勤める岸川直子(倉科カナ)は地味で冴えない31歳の独身の販売員。岸川家はうだつの上がらない父・周次(佐野史郎)、くたびれた部屋着で過ごす母・須江(高畑淳子)、生意気でかわいげのない高校生の妹・順子(古畑星夏)との4人暮らし。ひょんなことから、ひとりの韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイ)と出会う。その日をきっかけにジウォンの存在は直子とその家族を少しずつ変えていくのだが…。

 ドラマ特設サイトでは、特報映像(30秒)が追加された。冒頭では本作の導入に相応しいきれいな桜並木を歩くジウォンと直子の二人の後ろ姿に始まり、「重い扉を開けてくれたのはその人でした」のナレーションとともにジウォンが振り返る。「ずっと一緒にいたい、どんな時も。楽しいときは一緒に笑いたいし、悲しいときは一緒に泣きたい」という直子の言葉通り、喜怒哀楽がふんだんに盛り込まれ、さらにラストのジウォンが流す涙の意味は一体何なのか、本編が待ち遠しい充実した内容となっている。

■特設サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/harugakita/



関連写真

  • EXOの日本オリジナル楽曲「Lovin’ You Mo’」がWOWOW『連続ドラマW 春が来た』(2018年1月13日スタート)の主題歌に
  • 主演はEXOのメンバー・カイ。日本のドラマ初主演(C)WOWOW

オリコントピックス